記事へ戻る

【26/59】ホンダ新型 空冷単気筒バイク「GB350」「GB350S」正式発表! トラディショナルの新風

エンジンハンガーは、エンジン重心を囲む4箇所に設定。エンジン締結位置とヘッドパイプ間の距離を長くとることで、前輪からの荷重入力に対して広いエリアでフレームを最適にしならせることを可能とし、穏やかな運動性能に大きく寄与している。