ライダー向けのラインナップを強化

ワークマン’20秋冬ライダー向け新作ウェアチェック〈後編〉

  • 2020/10/16
WORKMAN’20秋冬新作チェック【後編】

ライダー向けのラインナップ強化に力を入れているワークマンが、秋冬シーズンの新作を公開した。’19年秋から公式アンバサダーとなったヤングマシンテスター・大屋雄一の意見が随所に反映されたモデルも登場。まずは実際の製品をチェックしてみた。

ワークマン’20秋冬ライダー向け新作ウェアチェック〈前編〉
[写真タップで拡大]

【テスター:大屋雄一】5年前にヤングマシンで初めてテストして以来、個人的にもワークマンのPB製品をいくつも購入し、進化の過程をつぶさに見てきたモーターサイクルジャーナリスト。’19年に好きが高じてワークマン公式アンバサダーに就任した。

イージス 透湿防水防寒ジャケット BIKERS[4900円・新色]

新色:ライムグリーン [写真タップで拡大]

360°リフレクトシリーズよりも耐水圧の高い生地を使用したり、アームホールにエアインテークを備えるなど、ライディング用としての機能を追求したのが、’19年に登場した「H2J」だ。新作ではエアインテークの位置をわずかに下げて走行風の流入量を増やしたり、ベルクロフラップの面積を大きくして走行中にはがれにくくするなど、地道な改良を実施。なお、ブルーは廃止となり、新色として写真のライムグリーンが追加された。

【H2J-II イージス透湿防水防寒ジャケット BIKERS】●耐水圧:1万5000mm ●透湿度:5000g/m²/24h ●サイズ:M L LL 3L ●色:グリーン 迷彩 ブラック カーキ ●価格:4900円

H2J-II イージス透湿防水防寒ジャケットBIKERS

アームホール前方に設けられたエアインテーク。新作では位置が見直され、ライディングポジションでの風の流入量が増えている。 [写真タップで拡大]

H2J-II イージス透湿防水防寒ジャケットBIKERS

フードはファスナーとベルクロによって取り外し可能だ。襟の後部にはベルクロによるアジャスターがあり、タイトに絞れるのだ。 [写真タップで拡大]

H2J-II イージス透湿防水防寒ジャケットBIKERS

袖に設けられたベルクロアジャスター。もともとスマートなシルエットだが、ここを絞ることでさらにバタつきを軽減できる。 [写真タップで拡大]

H2J-II イージス透湿防水防寒ジャケットBIKERS

ウエストのアジャスターは長めで、レイヤリングに応じたフィット感の微調整が容易。ロゴはリフレクタープリント。 [写真タップで拡大]

イージス 透湿防水防寒パンツ BIKERS[3900円]

カラーバリエーション:迷彩 [写真タップで拡大]

H2Jと同じコンセプトで登場したライダー向けの透湿防水防寒パンツ。表地はジャケットと同じ三菱商事ファッションが開発したディアライトで、優れた耐久撥水性によって汚れにくいというのもライダーにとってうれしい機能だ。カラーは’19年と同じ迷彩とブラックを継続。上下で揃えても1万円以下なのは驚きだ。

【H2P-II イージス透湿防水防寒パンツBIKERS】●耐水圧:1万5000mm ●透湿度:5000g/m²/24h ●サイズ:M L LL 3L ●色:迷彩 ブラック ●価格:3900円

H2P-II イージス透湿防水防寒パンツBIKERS

両サイドのベルクロフラップを開いて脱ぎ穿きするスタイル。深い前傾姿勢でも腰が露出しにくいハイウエストやシャーリングなど、ライダー向けの機能を惜しみなく盛り込んでいる。 [写真タップで拡大]

H2P-II イージス透湿防水防寒パンツBIKERS

裾の外側にあるファスナーを下げるとマチが閉じる仕組みで、バタつきを抑えたり、ブーツインする際などに重宝する。なお、裾の内側は別布で補強されており、エンジン熱の影響を軽減する。 [写真タップで拡大]

ウォームプロテクショングローブ[2900円・新製品]

ワークマンの本格的バイク用グローブの歴史は’19年の春夏にスタート。その半年後にはオール天然皮革&3Mシンサレート入りの秋冬用をリリースした。そして’20年のラインナップに登場したのがこのグローブだ。山羊革と人工皮革を巧みに組み合わせた表地に、樹脂プロテクターをフローティングマウントしている。防寒の要には引き続いて3Mシンサレートを使用。リフレクターも装備し、この内容で価格据え置きの2900円は驚きしかない。

PG05 ウォームプロテクショングローブ

【PG05 ウォームプロテクショングローブ】●サイズ:M L LL ●色:ブラック ●価格:2900円 [写真タップで拡大]

PG05 ウォームプロテクショングローブ

人差し指~薬指、そして甲部にある樹脂プロテクターはフローティング構造となっており、曲げ伸ばしがスムーズなだけでなく、異物感もほぼ皆無と言える。 [写真タップで拡大]

PG05 ウォームプロテクショングローブ

手のひら側にもパッドを内蔵する。手首のフラップはアジャストが広く、ジャケットの袖口を中に入れても、反対に外側にかぶせてもフレキシブルに対応する。 [写真タップで拡大]

イージス 透湿防水防寒DENIMYストレッチパンツ[4500円・新製品]

カラーバリエーション:ネイビー [写真タップで拡大]

’20年の春夏シーズンに登場したデニム風の透湿防水パンツ。その防寒仕様がリリースされる。最大のポイントは、春夏用に引き続き膝にメッシュタイプのプロテクターを標準装備していること。さらに、裾口についてはコードではなくファスナーによるマチ開閉式とし、ふくらはぎ全体をスリムに絞ることが可能となった。中綿量から想像するに、先に紹介したWM3640Aほど防寒性は高くなさそうだが、普段穿きも兼ねるならこちらだろう。

【H1P イージス 透湿防水防寒DENIMYストレッチパンツ】●耐水圧:1万5000mm ●透湿度:5000g/m²/24h ●サイズ:M L LL 3L ●色:ネイビー ブラック ●価格:4500円

H1P イージス透湿防水防寒DENIMYストレッチパンツ

裏地はトリコットのため、穿いた瞬間から温かさが感じられる。前開きはワイドマチ仕様で、ファスナーではなくベルクロで閉じる仕組み。防水性の高さが想像できよう。 [写真タップで拡大]

H1P イージス透湿防水防寒DENIMYストレッチパンツ

WM3640Aも高さが微調整できる膝プロテクター用のポケットを備えているが、このH1Pはメッシュタイプのプロテクターまで標準装備しているのだ。 [写真タップで拡大]

H1P イージス透湿防水防寒DENIMYストレッチパンツ

春夏用(R1P)も左太ももにポケットを備えるが、H1Pではセットオンからセットインタイプとして見た目をスマートに。開口部にはR1Pと同様に止水ファスナーを使用する。 [写真タップで拡大]

H1P イージス透湿防水防寒DENIMYストレッチパンツ

向かって右がファスナーを閉じた状態、左が開いた状態であり、かなり印象が変わる。どんなフットウエアともマッチングは良さそうだ。 [写真タップで拡大]

●文:大屋雄一 ●写真:富樫秀明 ●取材協力:ワークマン
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2