いまならまだ手が届く。まだ残っている

’80年代青春名車バイクを手に入れろ!【価格高騰が進み”伝説”となる前に】

’80s青春名車の3大ポイント

その1:バブル景気に乗って個性派マシンが百花繚乱

空前の好景気に湧いた’80年代。バイクブームも頂点を迎え、’83には328万台もの販売台数を記録した(ちなみに’19年は約36万台)。潤沢な開発コストをかけ、革新的&個性派マシンが続々とリリースされた。

'80年代青春名車バイクを手に入れろ!

[写真タップで拡大]

その2:規制前の走りは今乗ってもビンビン!

’92年に国内仕様の自主規制が強化され、250㏄は40ps、400㏄は53psが上限となった。それ以前は、250cc=45ps、400cc=59ps上限とパワフル。2ストや4気筒勢も多く、現行車より馬力が大幅に高いのだ。

'80年代青春名車バイクを手に入れろ!

[写真タップで拡大]

その3:多くのマシンが再評価。趣味が投資にもなりうる

現代のラインナップにはない個性派多し。当時不人気だったマシンも現代は再評価が進んでいる。TDR250、CB-1などがいい例だ。イヤラシイ話だが、値上がりしそうなバイクを購入しておけば趣味が財テクにもなりうる。

'80年代青春名車バイクを手に入れろ!

[写真タップで拡大]

売る側も独自の体制が必須

車両はもちろん、パーツも入手しにくい昨今。購入しても追加の修理費がかかったり、トラブルに見舞われたりすれば、安心して購入できない。提供するショップとしては、パーツ供給体制や保証制度など、独自のシステムづくりが必要になってくる。

'80年代青春名車バイクを手に入れろ!〈バイク王〉

【バイク王】全国買取の強みを活かし、パーツ供給やレストア用に複数台を確保。きちんと整備&試乗した状態で手渡し、バックアップ体制も充実している。 [写真タップで拡大]

'80年代青春名車バイクを手に入れろ!〈レッドバロン〉

【レッドバロン】絶版車の膨大なパーツをストックし、最大3年間の修理保証を実現。フレームの状態など独自の「譲渡車検」をクリアした車両のみを販売する。 [写真タップで拡大]

'80年代青春名車バイクを手に入れろ!

貴重な絶版車を1台でも残していくには、それなりに手間ヒマをかけた良質なバイクを大事にリユースしていくのが肝心。「安かろう悪かろう」では名車もライダーの未来も暗い。 [写真タップで拡大]

後世に残すには価値付けが必要

一方で、歴史的価値がありながら、整備を放ったらかしにした車両が二束三文で流通し、そのまま乗り潰されるケースもままある。これは非常に残念な話。この特集では、’80年代バイクの現状や選び方のポイントを紹介しつつ、その価値を改めて広く知らしめ、貴重な絶版名車として大事に扱ってもらいたいとの思いが裏テーマとしてある。

ユーザーとしては、30〜40年前の個体だけに、良好なコンディションにするにはそれなりのコストがかかることをキモに銘ずるべき。そしてショップには、きちんと走る状態に仕上げてもらい、’80年代バイクの面白さを体感できる形で提供してほしい。両者が意識すれば、今後もなるべく多くのマシンを後世に残せるハズだ。いささか堅苦しい話になったが、いざ偉大なる’80sマシンの世界を覗いていこう!

いまならまだ手が届く、胸アツ’80年代の青春名車購入ガイド。次ページでは、新型コンセプトモデルの発表により値上がり必至のホンダCB750Fについて解説する。

●写真:山内潤也 ●取材協力:バイク王 レッドバロン
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報