’20国産新車バイク完全アルバム

Early’20ホンダ大型クルーザー〈ゴールドウイング〉新車ラインナップ

  • 2020/3/7
Early’20ホンダ大型クルーザー〈1800cc〉新車ラインナップ

リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる直進安定性を誇り、悠々と旅ができる大型クルーザー。国内唯一の豪華巨艦路線、このクラスを代表する存在・ホンダのゴールドウイングシリーズは、’18年の全面刷新で軽量化とともに最新装備を獲得し、’20年も細部の熟成を施す。

●文:沼尾宏明、宮田健一

’75年のGL1000以来、旗艦ツアラーとして君臨し、ホンダを代表する1台でもあるプレミアムモデル「ゴールドウイング」シリーズ。’18年型で17年ぶりのフルチェンジを行い、二輪車唯一の水平対向6気筒エンジンをコンパクト化。フレームは多くをダイキャスト製法に改め、最大38kgもの大幅な軽量化を果たした。同時に新開発のダブルウィッシュボーン式フロントサスで、滑らかな走りも獲得している。登場3年目の’20年型では、早くもマイナーチェンジを敢行。トランクとサドルバックを標準装備する「ゴールドウイング ツアー」では、前後サスのセッティングを最適化し、乗り心地がより上質に。「ゴールドウイング ツアーDCT」では、PGM-FIのセッティングと7速+リバースDCTの設定を見直すことで、低速域の扱いやすさが一層増している。また、タンデムグリップの変更やUSBケーブルの増設など、かゆい所に手が届く改良を行った。

ゴールドウイング ツアー DCT〈エアバッグ〉:陸のプライベートジェット

GOLDWING

【’20 HONDA GOLDWING TOUR DuaL CLutch Transmission [AIR BAG]】■水冷4スト水平対向6気筒SOHC4バルブ 1833cc 126ps/5500rpm 17.3kg-m/4500rpm ■383kg(装備) シート高745mm 21L ■タイヤF=130/70R18 R=200/55R16 ●価格:338万1400円 ●販売中

GOLDWING

カラーバリエーション:’20新色の白は、カウルなどにグラフィックを採用し、車体各部を黒で引き締めた。ソリッド赤は廃盤。

GOLDWING

【豪華絢爛、Appleカープレイにも対応】二輪で初めてAppleカープレイに対応。フルカラー液晶にiPhone内のコンテンツをそのまま表示できる。高品位なオーディオも自慢だ。アイドルストップや4種のシーン別走行モード、電動調整サスなど電子制御が充実。電動スクリーンにグリップヒーター、ETC車載器など旅装備も万全だ。

GOLDWING

ツアーシリーズでは、タンデムグリップの形状を変更。握る部分が丸みを帯び、上方へ伸ばすことでつかみやすい。色も銀→黒とした。

GOLDWING

標準装備のUSBポートに加え、左側サドルバッグ内にもUSBケーブルを追加している。

ゴールドウイング ツアー:MT仕様にも新色を投入

マニュアル6速を搭載し、オートマのDCTとエアバッグを非装備としたバージョン。’20モデルでは、従来色の単色キャンディレッドをはじめ、白、黒を継続。新たにDCT仕様と同様のグラフィック入り白を追加した。

GOLDWING

【’20 HONDA GOLDWING TOUR】●価格:301万8400円 ●販売中

GOLDWING

カラーバリエーションは4色。

ゴールドウイング [STD]:Mバガー仕様がカステムテイスト増幅

現行型では、リヤトランクレス仕様が無印「ゴールドウイング」を名乗る。車重はツアーDCT比で18㎏軽量で、ルックスも走りも一段と軽やかだ。’20年型では、エンジンやハンドルまわりなどを赤で彩ったツヤ消しブラックを新採用。バガーカスタムの趣を一層強調している。従来色のツヤ消し銀は継続だ。

GOLDWING

【’20 GOLDWING Dual Clutch Transmission】●価格:293万400円 発売中

GOLDWING

【’20 HONDA GOLDWING】●価格:278万7400円 ●販売中

’20国産新車クルーザーモデル、豪華巨艦・移動する客室のホンダ ゴールドウイングに続いて、次ページではアメリカン系のホンダ レブル500、ヤマハ ボルト/Rスペック、カワサキ バルカンSの3台を紹介する。

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。