スマートキー無し、メーターはモンキー125系

Scoop!【ハンターカブ細部情報】CT125の気になるディテールと、3タイプのカスタム車

  • 2020/1/29

ホンダの販売店向け商品説明会(ビジネスミーティング)は全国3都市で行われた。その現場で撮影された実車のディテールカットなどを入手できたのでお伝えしたい。気になるCT125ハンターカブのリヤキャリアやキックペダルはどうなっている?

リヤキャリアに接続されたハイマウント吸気ダクト

いよいよ市販車両の全貌が見えてきたCT125ハンターカブ。今回入手したのは、車両のディテール写真だ。前記事では特に足まわりが暗く不鮮明だったほか、キックペダル形状やリヤキャリアの左側面などをもっと確認したい、という読者の声も頂戴していた。今回入手したのは、新たに実車を撮影した数点の追加カット。かつてのCT110をどこまで再現し、どこが新しいのか、じっくりとご確認いただきたい。

コンセプトモデルとCT110またはCT125ハンターカブの比較については、関連記事を参照されたし。

ステップはスパイク状のオフロード向けステップにラバーを乗せたもの。本気系の人は外して走ることもできそうだ。キックペダルは、スタンディングのヒールホールドする部分を上手に避けている。これがスーパーカブC125やモンキー125に移植できるのかは、実際に発売される頃にはパーツリストがリリースされて明らかになるだろう。ブレーキペダルは可倒式ではなくシンプルな構造だ。鉄製ということもあり、曲がったら直せばいいという潔さを感じる。
市販車両の左側面カットがなかなか入手できなかったが、ついに。コンセプトモデルよりもダクトの接続部は長くしっかりしている印象。キャリア上面は把手の部分が長くとられ、使い勝手もよさそうだ。ダクト下のキー穴はサイドカバー用だろうか(もしくはシート?)。
後ろから見るとこんな感じ。かなりの大型キャリアだとわかる。テールランプはキャリア下にもぐっていたコンセプトモデルに対し、後方に少し出ている。
メーターはモンキー125系という事前情報のとおり。キーシリンダーが見えることからスマートキーではなく通常の鍵を使用することがわかる。その左にある黒い蓋のようなものは詳細不明だが、アクセサリー電源ソケットが後付けできるとか?
エンジンガードパイプにもいろいろと取り付けできそう。エキゾーストパイプガードの形状やキックペダルのオフセット具合も確認されたし。
ABS標準装備にピンスライド式2ピストンキャリパーの採用がくっきりと判別できる。スポークホイールと黒リムの組み合わせがステキ。
リヤショックの取り付けやブレーキまわりの取りまわし、タンデムステップのマウントなどが確認できる。リヤショックのプリロード調整が可能かどうかは判別できず。チェーンアジャスターはクラスを超えた質感だ。
遊び方イメージと走行シーンも。標準装備のキャリアだけでも日本一周できそう……?
【HONDA CT125 HUNTER CUB[2020]】●予想価格:44万円 ●色:赤、カーキ ●予想発売時期:6月下旬

カスタマイズされたCT125ハンターカブ×3車

エンジンガードやハンドルバーのブリッジなど、オフロードテイストとヘビーデューティに使える実用性を加えた1台。センターキャリア(正確な呼称は不明)や、赤スプリングのリヤショックなども新鮮だ。
ツートン柄のシート、ワイドステップ、ブラックアウトしたエンジンガードなどが特徴の1台は、夜のツーリングでも役立ちそうなフォグランプやハンドガードなども備えている。バーハンドルのマウント部分には、さまざまなアクセサリーを装着するためのバーも追加。万能型の仕上げと言えそうだ。
キルト調のシートに加え、リヤキャリアに装着するタイプのタンデムシートを追加。布製サイドバックやアクセサリー装着用のバーなど、日常使いの気分のまま遠くまで走れそうな1台だ。

関連する記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)