欧州ヤマハが2020モデルを発表

2020新型Tricity300(トリシティ300)が発表 スペックも判明

  • 2019/11/4

2019年11月4日、ヤマハが欧州で2020年モデルを発表した。XSR900のRZカラーや排気量アップのTMAX560などと並び、注目したいのが新登場のTricity300(トリシティ300)だ。

エンジンと出力はXMAX300と同じ、車重は60kg増しに

10月23日からの東京モーターショーにも出品されたトリシティ300(下記動画参照)は、欧州での発表まで詳細は明かされなかったが、今回、プレスリリースが配布されることになった。XMAX300と共通の292cc単気筒は、最高出力20.6kW(28ps)/7250rpm、最大トルク29Nm(2.9kg-m)/5750rpmと全く同じスペックのまま。一方車重はトリシティ300の239kgに対しXMAX300は179kgと60kg増しとなっている。ちなみに燃料タンク容量はともに13Lだ。フロントに重量物があるLMWの車重が増すは当然で、同様に同じエンジンのMT-09に対しNIKENは70kg増しになっているが、ヤングマシンでサーキットテストしたところ、タイム差はほとんどなくコーナリングスピードはNIKENの方が勝っていたという記録が残されている。トリシティ300は、ライダーが乗車した時に前後重量配分が50:50になるように設計されており、これはNIKENと同じ手法。さらにNIKENと同じアッカーマンジオメトリーも採用しているので、スポーツ性と安定性の両立においてはかなり高いレベルに到達していると予想される。そして、XMAX300と同様にトラクションコントロールも採用していることも明らかになったので、安全性においても抜かりなしと言えるだろう。

【YAMAHA Tricity300 2020欧州仕様】カラーバリエーションは3色でこちらはTech Kamo。

【YAMAHA Tricity300 2020欧州仕様】こちらはIcon Grey。

【YAMAHA Tricity300 2020欧州仕様】こちらはGunmetal Grey。

前輪のトレッドは470mmでナイケンより幅広

欧州では4輪免許で乗ることができるトリシティ300のトレッドは470mmと発表された。同じLMWのNIKEN(ナイケン)の410mmより60mmも幅広となっている。これでより安定感が得られるとともに、フロントフォークが内側に設置されているために抑制されるバンク角が増すことも期待できるだろう。注目のチルトロック機構は、前輪の上にあるパラレログラムリンクをディスクブレーキと同じ機構が電気的にロックすると説明されている。シート高は795mmと決して低くない車体で、停止中に足を着かずにすむのはありがたい装備だろう。今回発表された装備やスペック面で推測するに、トリシティ300はナイケンに迫るスポーツ性とトリシティ/155と同等以上の利便性を備えた真の万能マシンと言えそうだ。

フロントホイールは14インチでナイケンやXMAXの15インチよりも小径。日本仕様は2輪免許用にトレッドが狭められるという情報だ。

左ハンドル部にチルトロックと思われるスイッチがある。

メーターはシンプルな液晶ディスプレイ。奥にチルトロックと思われるインジケーターが光ってる。レッドゾーンはXMAX300と同じ9000rpmからとなっている。

ジェットヘルメットが2個収納されていることからシート下収納スペースはMAXと同程度と思われる。書類カバンも置けそうだ。

エンジンはXMAX300と同じ水冷4スト単気筒SOHC4バルブ292cc。ユーロ4準拠なので規制対応は来年XMAX300と同じタイミングで実施するのだろう。現状ミドルトリシティは300cc版しかないという情報で、国内向け等に250cc版が用意されるかは不明だ。

関連する記事/リンク

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)