最高速やコーナー速度も検証

【動画】NIKEN=ナイケン vs MT-09サーキット対決

2018年9月27日に、NIKEN=ナイケンの試乗インプレッション第一弾をお送りしたばかりだが、今回は3輪LMWを初めてサーキットに持ち込んでMT-09と比較した。

スペックで比較すればナイケンが圧倒的に不利となるが…

特別な許可を得て、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイでテストを実施。同じエンジンの仕様違いを搭載するナイケンとMT-09だが、最高出力は同じ116ps/10000rpmで車重はナイケンが70kgも重い。普通だったら勝負にならないと思われるが、MT-09の1分19秒815に対しナイケンは1分20秒164と、わずか0.35秒差に迫った。別周回の最高速(実速)はMT-09が179.26km/hでナイケンの171.38km/hを大きく上回っているところを、ナイケンはこれをコーナーで挽回。各コーナーの最低速度で2~5km/h程度上回っているのがデータロガーで確認できた。一般道を含めた詳しいインプレッションや解説は2018年12月号(10月24日発売)で掲載するのでご覧いただきたい。

データロガー・DigSpice(デジスパイス)の解析画面。赤のラインがナイケンで青がMT-09(右下写真)。ナイケンが2~5km/h程速いコーナーが多く、立ち上がり速度も上回る傾向だが、速度の伸びでMT-09に届かないのが分かる。テスターは丸山浩さんだ。

テスター:丸山浩
取材協力:袖ヶ浦フォレストレースウェイ
「【NIKEN=ナイケン国内初試乗】大型3輪バイクの高機動性を総チェック!」記事はこちらへ。
「NIKEN=ナイケンの国内仕様は178万円で9/13から受注開始」記事はこちらへ。

 

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

特集/連載

  1. 岡崎静夏
  2. 2019初夢スクープ
  3. 自二車は中型二輪に限る
  4. 2018年○と×
  5. ナイケン
  6. 2019世界の新車総図鑑
バイク王
Z900RS x STRIKER