第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

フレームまで新設計のガチスーパーネイキッド

異形のスーパーチャージドZ! カワサキ「Z H2」の全貌が明らかに[エンジンはH2 SX系のバランス型]

  • 2019/10/23

Ninja ZX-25Rに続き、こちらは事前にティーザー動画が流れていたものの、やはり現行Z1000とは異なる全く新しいデザインでのリリースとなったZ H2。スペックはかなり詳細まで明らかにされていることから、発売はNinja ZX-25Rよりも早めを期待していい?

ヘッドライトはフレームマウント

ニンジャH2ベースのスーパーネイキッド、というのが新しいZ H2のコンセプトとして伝わってきていたもの。事前に公開されたティーザー動画からも、エンジンはH2系で間違いなく、フレームは新設計もしくは大幅アレンジが見て取れた。実際に蓋を開けてみれば、スペックはほぼ期待通り。エンジンはニンジャH2 SX系のバランス型スーパーチャージャーを採用した998cc並列4気筒で、電子制御はこれでもかとテンコ盛りだ。

フレームに関してはH2系と結構異なるようだが、詳細な比較は開発者インタビューを含めた続報に譲りたい。へッドライトカウルがフレームマウントという点は、ハイパワーでフロント荷重が抜けがちなところに、ステアリング方向への余分な慣性マスを持たせたくないという意図が見える。これがスタイリング上でも特徴となっており、ネイキッドとカウル付きの中間的なシルエットになっているのが面白い。

予想通りとはいえ、ネイキッドにアップハンドルで200馬力というのは尋常ではない。カワサキ得意の空力がどこまで反映されているのか、また、スチールトレリスフレームがもたらすしなやかな安定性は健在か……。そのあたり、まずは速報ということでご容赦いただきたい!

Z H2、カワサキ公式より

スーパーネイキッドZシリーズの新たなフラッグシップモデル。高出力と強烈な加速力、日常の走行シーンでの扱いやすさと優れた燃費性能を発揮する998cm³水冷並列4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載し、Z H2専用のエンジンセッティングを施すことで、低中速回転域におけるスムーズな加速感を実現しています。また、新設計のトレリスフレームや、先進的なフロントサスペンションシステム「SFF-BP」※1を採用した車体は、スーパーネイキッドに求められる軽快なハンドリング性能と、スーパーチャージドエンジンのパワーを受け止める高い剛性を両立しています。スタイリング面では、Zシリーズが持つ「Sugomi」デザイン※2を体現しながらも、スーパーチャージャーのエアインテークダクトを活かした左右非対称デザイン、フレームマウントのヘッドライトを採用し、これまでのZシリーズのモデルとは一線を画す斬新なイメージとしています。さらに、インテグレーテッドライディングモード※3をはじめとした先進的な電子制御技術に加え、フルカラーTFT液晶のインストゥルメントパネル、スマートフォン接続機能など、多数のライダーサポートシステムを搭載しています。

※1:SFF-BP:Separate Function Fork-Big Piston
※2:スーパーネイキッドZシリーズ共通のデザインコンセプト。獲物を狙う猛獣の背中のように盛り上がった燃料タンクと低く構えたヘッドランプが生み出すクラウチングフォルムや、大胆に跳ね上がったテールセクションなどが生み出す、絶対的な力感を内包した迫力あるデザインのこと。
※3:KTRC(カワサキトラクションコントロールシステム)、パワーモードと連携する包括的なシステムで、トラクションコントロールと出力特性を、特定の走行条件に合わせて設定できる。

KAWASAKI Z H2

【KAWASAKI Z H2】主要諸元■全長2085 全幅770 全高1130 軸距未発表 シート高830(各mm) 車重239kg■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 998cc 内径×行程76.0×55.0mm 200ps/11000rpm 14.0kg-m/8500rpm 変速機未発表 燃料タンク容量19L■ハイテンスチール製トレリスフレーム ●車体色:メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー×ミラーコートスパークブラック

KAWASAKI Z H2

エアインテークは左右非対称デザインとなっているのがわかる。ダクトがエンジン後背部の赤いチャージャー部分に接続している。

KAWASAKI Z H2

へッドライトはフレームマウントで、見たところLEDなのは間違いなさそう。カワサキリバーマークを冠してH2シリーズを誇示する。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)