エンジンはニンジャH2系、ではフレームは……?

東京モーターショーでの登場が確実に! カワサキのスーパーチャージャー搭載『Z』ティーザー動画 第2弾が公開

2019年10月1日、スーパーチャージド『Z』の続報となるティーザー動画が公開された。動画の第1弾では過給用のインペラの姿が明らかにされていたが、第2弾ではヘッドライトやフレームの一部デザインなどが映し出されている。

[23 October]の文字は東京モーターショーでの発表を約束する

カワサキ製スーパーネイキッドの登場を楽しみにしていたファンに朗報だ。国産メーカーのニューモデルは欧州&北米で先行発表されるものも少なくないが、ティーザー動画に記された文字は10月23日。この日に行われる大きなイベントと言えば、東京モーターショー以外にない。一般公開日に先立って行われるプレスカンファレンスで、その姿を初めて披露することは、ほぼ間違いない。

『New Ultimate Z – 23 October – Pressure Release』と名付けられたティーザー動画第2弾、そのタイトルが意味するところは「新しい究極のZは10月23日にその圧力を解放する」といったところ。過給システムを搭載するがゆえのブローオフバルブに引っ掛けて、高まった圧力を大気に解放するがごとく、ファンの期待に対してカタルシスを与えると示唆しているのだ。では、まず動画を見ていただこう。

New Ultimate Z – 23 October – Pressure Release

ネオクラではなくストファイ系の現代Zになる!

ティーザー動画で明らかになったのは、まずZ900RSのようなネオクラシック路線ではないということ。Z1000やZ400/250のような『Sugomi』系ストリートファイターで、LEDによる左右2眼構成になる模様だ。また、メーターはカワサキの他車で見たことのあるデザインではなく、新開発であることが伺える。起動画面からはKTRC(トラクションコントロールシステム)およびクルーズコントロールのアイコンが確認できた。

New Ultimate Z
最高峰モデルであることを示すリバーマーク。これがあるということは、やはりH2系で間違いないだろう。
New Ultimate Z
両眼が光る。Z1000ほどの獣っぽさはないが、Z400/250よりは有機的なラインを描いている印象。
起動画面が落ち着いたところ。クルーズコントロールとトラコンの存在が確認できる。

エンジンはニンジャH2系で間違いない

さて、肝心のエンジンだ。ミドルクラスの排気量帯や、新開発の900ccなども取り沙汰されたが、映像からはニンジャH2ベースであることが判明した。ニンジャH2では231馬力、ニンジャH2 SXでは200馬力となっているが、ウインドプロテクション的に厳しいネイキッドで、最高出力の落としどころをどのあたりに持ってくるのか興味深い。公式発表されている量産車としてはMVアグスタのブルターレ1000セリエオロの208馬力が最大、また今秋の正式発表が予告されているドゥカティのストリートファイターV4もポテンシャル的には214馬力のパニガーレがベースとなっていることから、近い出力になる可能性もある。これらを追い掛けることになるの新型Zは過給機付きだけに、控えめに言っても150馬力程度で済ますとは思えない。

SUPER CHARGERの文字が刻印される。このあたりのデザインはニンジャH2系と同じもので確定。ただしフレームパイプの取り回しは異なっている。

フレームについてはニンジャH2ベースかどうか判然としないところだ。エンジンマウント周辺のパイプの取り回しはH2と異なっており、これがシートフレームの構造変更に起因するものなのか、それともステアリングヘッドまわりも含めて別物となっているのかは、さらなる続報を待たなければならない。

New Ultimate Z
吸気ダクトは燃料タンクの両サイドに配置。かなりのゴツさだ。
New Ultimate Z
吸気ダクトを手前に見せながら、後ろボケでシートカウル周辺を舐めるように見せている。ニンジャH2系、ハイリーデュラブルペイント採用……といったところか。

映像終盤に映し出されるパーツは吸気ダクトだろう。回転するように動く視点のなかでシートカウルまで見える場面もあるが、かなりエッジの利いたデザインであることが、後ろボケになった映像からも見て取れる。

10月23日の発表までにさらなるティーザー動画公開はあるのか、そして噂にのぼっている4気筒のアレはどうなったのか。続報を待とう!

New Ultimate Z
2019年10月23日、震えて待て!

関連する記事/リンク

関連記事

カワサキのスーパーチャージドエンジンといえば、ニンジャH2シリーズ。しかし、ついにそのシリーズ以外にもスーチャーマシンが登場しそうだ。なにしろ、欧州カワサキがティーザー動画を公開し、その画面にはデ[…]

関連記事

カワサキが誇るスーパーチャージャー搭載のスーパーツアラー、ニンジャH2 SX SEおよびSE+がニューグラフィック&ニューカラーを纏い、2020年モデルとして登場する。発売日は2019年10月15日[…]

関連記事

2006年にZZR1400として登場(北米仕様はZX-14R)、幾度かのモデルチェンジを経て2012年型では1441ccへと排気量を上げ、カワサキのフラッグシップとして君臨してきたニンジャZX-1[…]

関連記事

2017年の東京モーターショーでZ900RS正式発表と同時にカスタム車両を展示して話題をさらったドレミコレクション。東京モーターサイクルショーでは、さらにパワーアップしたZカスタムをなんと一気に3台も[…]

Z9R_SC_CG3b
WEBヤングマシン|最新バイク情報