第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

KATANA Meeting 2019の主役級カスタム

GSX50Sカタナ!? KATANA会会長への還暦祝いプレゼントが素敵すぎる件

  • 2019/9/28

名車GSX1100Sカタナをこよなく愛するオーナーズクラブ、KATANA会。それを設立し、現在も運営の中心にいる山口導明会長が還暦祝いに会の有志からプレゼントされたのがこのGSX50Sカタナだ!!

超リアルなミニカタナを発見!

多くのカタナ&スズキファンが来場したカタナミーティング2019の会場に、ちょっと(だいぶ)小さなカタナが佇んでいた。一目見て小さいと分かるのだが、そのディテールはGSX1100Sカタナと瓜二つ。過去さまざまなショップがミニチュア版のカタナを製造してきたが、そのどれとも違うシルエット。小振りながら立派に「カタナしてる」のだ。そしてオーナーを捕まえてまたビックリ。GSX1100S/1000S/750S1,2の老舗オーナーズクラブ・KATANA会の山口道明会長だったのだ。「実は先月、還暦のお祝いにもらったんですよ」と笑顔。聞けばKATANA会の一部の有志が、長年に渡って会を引っ張ってきてくれたお礼にとプレゼントしてくれたのだと言う。

しかもこのGSX50Sカタナは会員の手作りだとのこと。コレが個人の作品なの!? と驚く。見れば見るほど素晴らしい造形。べース車両はスズキ GS50だが、その面影はまったくない。「最高ですよ。私の身長で唯一、両足が着くカタナです(笑)」。もちろん保安部品もすべて機能するので公道走行も可能だ。「アップハンドルなので乗りやすいですよ」。詳細を尋ねると「よく分からないんだよね〜」という山口会長に製作者の連絡先を聞き、さっそく問い合わせてみた!

【GSX50S KATANA会有志製作カスタム車】カウルの形状からタンクのライン、シートの段付き、テールカウルの角度まで見事にGSX1100Sカタナを再現している。カウルやタンクなど、もちろんGS50サイズにあわせて作ったオリジナル品だ。

【SUZUKI GS50 2005年型】GSX50Sカタナのベースとなったスズキ・GS50は、2005年に発売された原付ネイキッド。前傾シリンダーの空冷49ccエンジンは3.7kW(5.0ps)/8,500rpmを発揮。4速ミッションで前後ホイールは14インチ。乾燥重量69kg。

車両の贈呈日には山口会長の手でタンクの上に還暦(60歳)を祝うステッカーが貼られた。これはGSX1100Sカタナ・アニバーサリーモデルのパロディで、会員の手による製作だそう。

こちらがGSX1100Sカタナ・アニバーサリーのステッカー。1990年にスズキの創業70周年を記念し1000台限定で発売されたモデルに貼り付けられていた。ステッカーのほか純銀のキーホルダーなども付属していた。

こだわりまくりの製作秘話

GSX50Sカタナの製作者は会員No442の和田秀樹さん。彼は30年ほど前からFRPでの物作りを趣味としている。これまでにさまざまなパーツを製作し、過去にはエイプをベースにCBX400F仕様を作ったこともあるそうだ。そしていよいよ大好きなカタナを製作するのだが、こだわり“その1”がベース車両の選択。「やはりスズキ車じゃないと」と考え、数あるミニバイクの中からGS50に決めたという。GS50のガソリンタンクに発泡ウレタンを盛り、厚紙で骨格を作ったカウルとラインをあわせながら原型を作った。こだわり“その2”はカウルやシートなど外装の分割方式。一体化してしまえば楽な部分もあったそうだが、リアルさと脱着しやすさを求めてできるだけ別体に。そのためステーや取付けボスなどを製作しなければならなかったが、より緻密なディテールになった。こだわり“その3”はGSX1100Sカタナのシルエットを上手くデフォルメしてGS50に落とし込むこと。部品の選定にも気を使い、ヘッドライトはホンダ車用でテールランプはGSX400Sカタナ用、スクリーンも同車用をカットして整形。各部のスリットも手作業で空けている。ほかにも多くのこだわりを注ぎ込み1年半かけて完成した1号機(和田さん個人のモノ)を元に昨年製作されたのが山口会長の2号機だ。

単にそのままのコピーではなくリヤフェンダーを製作するなど専用仕様にし、外装のペイントも板金を仕事にしている会員の手によって行われた。「会長の喜ぶ顔が見たくて作りました」という和田さん。彼の力は大きいが、このGSX50Sカタナ・還暦祝いバージョンの企画から完成までには多くの会員の力があったのだという。これも山口会長の人徳であろう。

以下、カタナマニアが作ったGSX50Sカタナ・こだわりのディテールを紹介しよう。

フレームのネック部にプレートを溶接しカウルステーを取付けている。各部の面の切り返しなど、本当のカタナ好きでなければ再現できなかっただろう。スポイラーやミニカウルの形状も見事に再現されている。

このアングルからみると何ccのバイクかわからない。タンクはGS50のノーマルタンクにFRPのカバーを被せている。タンクのプレスラインの再現度など、GSX1100Sカタナオーナーも納得の仕上がりだ。

段付き部分まで正確にデフォルメ(?)されたテールカウルに収まるテールランプはGSX400Sカタナ用。より純正っぽさを追求し、1号機にはなかったというリヤフェンダーも製作された。

違和感なく収まっているので気付きにくいが、サイドカバーにあわせてエアクリーナーボックス部分も製作されている。リヤショックが2本なのもカタナらしい装備だといえる。

半円形のフロントフェンダーも14インチホイールにあわせて製作しワイヤーガイドも再現。後部のスリットは手作業で空けられている。GS50のスポークホイールは、バーディ用の5本スポーク・キャストホイールに交換。

シートベースをFRPで製作しシート表皮貼りはシート屋さんに外注。1号機は和田さんが自分でやったそうだが「やっぱりプロに頼んだほうが良い出来(笑)」とのこと。シートの色もオリジナルに近い。

GSX1100Sカタナ(ライダー:会員No.774・大田豊彦さん)と比べるとこんなにコンパクトだけど、存在感は負けていない!? 山口会長、おめでとうございます!

文:横田和彦(K-DESIGN) 写真:松井慎

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)