スポーティな円筒型サイレンサーを採用

ヨシムラがクロスカブ110/スーパーカブ110用マフラーを開発中!

  • 2019/9/20

近年はパーソナルユースやカスタム熱も高まりを見せているホンダ・スーパーカブ。ヨシムラでも既にスーパーカブC125用のマフラーを販売しているが、新たに現行型クロスカブ110/スーパーカブ110用を開発中との情報をキャッチ。円筒型のサイレンサーがカブにスポーティさをプラスしてくれる!

まろやかで上品なヨシムラサウンド

■現行型クロスカブ110・くまモンバージョン+ヨシムラ・GPマグナム(プロトタイプ)

■現行型スーパーカブ110+ヨシムラ・GPマグナム(プロトタイプ)

このマフラーはヨシムラが「GPマグナム」と称するタイプで、円筒型サイレンサーのスポーティなルックスが特徴。段階的に太さを変化させた、凝った作りのエキパイは機械曲げのステンレス製で、サイレンサーは写真の「カーボン」に加え、「ステンレス」、ステンレスをチタン調加工した「サテンフィニッシュ」、チタンを陽極酸化処理で青く色付けした「チタンブルー」の全4種から選べる。

振動が大きい単気筒用マフラーは耐久性と軽さのバランス取りが難しく、割れたような音も出やすいとはヨシムラの弁だが、このマフラーはプロトタイプながら澄んだ歯切れのいいサウンドを放っており、そんな困難を微塵も感じさせない。排気量が少ないためか、以前に聴いたC125用のGPマグナムよりもまろやかで上品な排気音だと感じた。

開発は日本で行うが、生産はタイのヨシムラアジアが担当することもあり、ヨシムラ基準の高い品質や性能に比べれば価格的にはリーズナブルなものとなりそう。C125用のGPマグナム(税抜価格で3万9500円〜5万1500円)をベースに110用に最適化したという成り立ちもあり、価格的には同等といったところに落ち着きそうだ。受注開始は2019年9月末の予定だという。

アウトドアテイストなクロスカブ110だが、GPマグナムは普遍的なデザインゆえか、違和感なくフィットする。

アイボリー単色のスーパーカブ110はパーソナル感が強めだが、GPマグナムはスポーティさもプラスしてくれる。

ヨシムラロゴが刻まれたT字型のサイレンサーステー。ステンレスのロストワックス製法という凝った作りだ。

ジョイントスプリングのゴムカバーにもロゴが刻まれる。溶接の美しさもさすがのヨシムラクオリティ!

サイレンサーは4種。(左上から時計回りに)カーボン/ステンレス/チタンブルー/サテンフィニッシュ

【スーパーカブC125用 機械曲 GP-MAGNUM サイクロン EXPORT SPEC 政府認証】低中速域の濃厚なトルクと高回転の鋭い吹け上がりを両立した、まるで純正スポーツ仕様のような良好バランスが特徴。ゆっくり走らせても上質で楽しいマフラーだ。

関連する記事/リンク

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ