第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

実感するトルクアップで走行性能も大満足

アールズ・ギアに新デザイン採用の次世代マフラーが降臨!

  • 2019/9/17
r's gear CBR400R

高品質な造りと確実な性能アップで、確固たる人気を誇るアールズ・ギアのマフラー。GPマシン開発にも携わった技術力の高さは、市販車用マフラーの開発においても高性能な製品群を世に送り続けている。その最新モデルが、次世代デザインを採用して登場! ここから新たな歴史がスタートする。

実感するトルクアップで走行性能も大満足!

アールズ・ギアといえば、元ワークスライダー樋渡治氏がプロデュースするマフラーブランドとしてお馴染み。GPマシン開発にも携わった技術力の高さは、市販車用マフラーの開発においても高性能な製品群を世に送り続けている。特に違いがわかるベテランユーザーからの信頼は厚く、車種ごとに専用設計されたスペックとチタン素材を惜しみなく使った高品質な仕上げ、安心して使える政府認証取得の徹底は業界をリードする存在といえよう。

r's gear CBR400R

スポーツモデルのCBR400Rには、サイレンサーがレーシーなテーパー形状の「タイプR」と落ち着いたストレート形状の「タイプS」の2モデルを設定している。【アールズ・ギア Real Spec Titanium Full Exhaust Single Type R ●税込価格:16万5249円(チタンポリッシュ)/17万640円(チタンドラッグブルー) 政府認証品】

そんなアールズ・ギアから、新デザインのサイレンサーを採用する第1弾としてCBR400R用と400X用マフラーがリリースされた。このエンジンでのチタン製フルエキゾーストというのはユーザー待望の商品化で、純正マフラーが約9㎏なのに対して半分以下に軽量化できる約3㎏という軽さを実現! 全域でパワー&トルクアップする高性能と合わせ、ライディングそのものをワクワクさせる進化が味わえる。特に大きくトルクアップする低中回転は街乗りからワインディングまで恩恵が大きく、1速高いギヤでもスイスイ走れる快適さは燃費の向上にも貢献してくれそうだ。

注目はやはり新デザインのサイレンサーで、ドライカーボン製の7角形フィニッシャーを採用したシャープなデザインは、現行モデルのスタイリングをワンランクアップさせるもの。ストレート形状の「タイプS」は両車に用意され、レーシーなテーパー形状の「タイプR」はCBR400Rのみにラインアップされる。

Real Spec Titanium Full Exhaust Single Type S[政府認証品]

r's gear 400X

アドベンチャー系の400Xには、ストレート形状のサイレンサーを採用する「タイプS」のみを設定。美しいチタン製のフルエキゾーストにより、見た目の車格までアップする印象だ。 ●税込価格:15万4440円(チタンポリッシュ)/15万9840円(チタンドラッグブルー) 政府認証品

r's gear CBR400R

【細部までこだわった高い質感】(1)CBR400Rと400Xはエンジンが共通なので、性能やエキパイの取り回しも共通。ただし、ステップ位置の違いからサイレンサー角度は異なる。(2)削り出しブラケットやキャップスクリューなど、細部の仕上げも高品質。(3)「タイプS」のサイレンサーはストレート形状。焼き目のないチタンポリッシュも選択できる。(4)CBR400Rでは、レーシーなサイレンサー形状の「タイプR」を設定。今後のスポーツモデルにも順次採用される予定だ。

r's gear CBR400R

【全域でパワー&トルクアップを実現!】全域でノーマルを上回る性能も凄いが、注目なのは低中回転のトルクアップ! 実用域で確実な性能アップを実感できる。

BMW R1250GS用マフラーも登場!

当初より一貫して開発のポイントとしている『低中回転域のトルクアップ』をこのマフラーでも実現。高回転域を犠牲にすることなく、マフラー交換のみで実用域がパワフルな走りに変貌する。ドライカーボンを採用した新形状のデュアルエンドサイレンサーもカッコよく、軽量化により操安性も向上する。

r's gear R1250GS

R1250GS/GS-ADV Wyvern Real Spec Single Muffler ●税込価格:27万8640円(チタンポリッシュ/チタンドラッグブルー) 政府認証品

r's gear R1250GS

ピークパワーよりも注目してほしいのが、低中回転域のトルクアップ。特に常用する2000.4000回転での向上は素晴らしく、走りが軽く感じられるほどだ。

●文・写真:川島秀俊
※取材協力:アールズ・ギア

※ヤングマシン2019年9月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。