第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

秘境感抜群! 紺碧のシーサイドロード

読者が選んだ絶景道・9位[実走ガイド]新潟県 越後七浦シーサイドライン #モトツー

  • 2019/9/14

モトツーリングがお送りするのは、読者目線で集計した絶景道の完全ガイドだ。ノミネートされた絶景ロードの周辺情報やロードガイドを旅人の目線から徹底的にバイクで実走調査。皆様の旅に真に役立つ情報マガジンとしてまとめてみたぞ。第9回は読者投票9位となった越後七浦シーサイドライン。得票数の多さには意外な面もあったが、その理由とは……?

〈モトツーリング2019年5月号より〉

水平線で混じる青と蒼。日本海の本当の色を見よう

読者が選ぶ絶景道の中で、意外な高得票を獲得した絶景道。ツウの選ぶ穴場道的な絶景道だ。

上越市と新潟市を繋ぐ海岸ルートのシーサイドライン。豪快な海岸線に奇岩の林立する、日本海らしい光景が魅力のルートだ。荒天時には、道路上まで飛沫が飛ぶ事 もよくあり、旅情感も抜群。交通量も少な目でタイトコーナーもほぼ無い為、初心者ライダーでも安心してツーリングできるのも嬉しい。

もちろん、日本海まで来たなら海鮮が食べたくなるのが人情。しかし、ルート上にはカフェは多いが、海鮮グルメの店はほぼ無い。海鮮は少し南の寺泊でしっかり堪能してからこのルートへ挑もう。

また、背後の山稜をトラバースする弥彦山スカイラインは二輪車通行禁止。残念ながら予定から削除した旅のプランを練っておこう。

澄んだ深い青が美しい日本海の色を、波飛沫と共に存分に味わえる旅路。晴れた日は少し早い夏の雰囲気すら感じる、爽快な道だぞ。

越後七浦シーサイドライン タイトル写真の撮影場所はこのあたり

沿線に点在する漁村を次いで走るも、豪快な岩場の雰囲気もあちこちに!長閑さとダイナミックさが混在する変化に富んだルートだ。

寺泊のカニは要チェック!

“魚のアメ横”の別名で呼ばれる寺泊の“魚の市場通り”では新鮮な魚介を安価に頂ける。中でも要チェックはカニ。名物のかにラーメンは必食だ。

※汐の華
新潟県長岡市寺泊下荒町9772-27
かにラーメン1350円

越後七浦シーサイドライン

区間距離:13.9km 無料

展望感★★★
絶景度★★★★
路面★★★★★
酷道感★
爽快感★★★
混雑度★★★
アクセス★★★★★

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。