第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

運転免許証と同じサイズに!?

車検証が2023年からICカードに変更、新たなサービスのアイデアも募集

  • 2019/8/29

国交省では、車検証を2023年からICチップ搭載型のカードに切り替えることを今年5月に決定した。IC化によって、車検証の発行をネットで申請し、IC内の車検証情報を当日中に変更可能に。また、所有者や車検などの履歴を残すことができ、偽造防止の効果もあるという。サイズは、クレジットカードや運転免許証などと同サイズで、もちろんバイクも対象となる。

これに関連して、新しい車検証カードのデータの空き領域を利用したサービスのアイデアを7月19~8月31日の期間、国交省が募集中。ICチップはデータ容量に余裕があり、残りの容量を民間のサービスで活用してもらうのが狙いだ。

例えばガソリンスタンドやカー用品店のポイントカード、保険の契約などが想定できる。今後の検討題材として取り上げるという。クルマだけではなく、ぜひバイクの使用も考慮したシステムにして欲しいものだ。

ICカード車検証の活用イメージ。ポイントなどの情報がIC内に書き込まれる。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン

WEBヤングマシン

記事一覧を見る