運転免許証と同じサイズに!?

車検証が2023年からICカードに変更、新たなサービスのアイデアも募集

国交省では、車検証を2023年からICチップ搭載型のカードに切り替えることを今年5月に決定した。IC化によって、車検証の発行をネットで申請し、IC内の車検証情報を当日中に変更可能に。また、所有者や車検などの履歴を残すことができ、偽造防止の効果もあるという。サイズは、クレジットカードや運転免許証などと同サイズで、もちろんバイクも対象となる。

これに関連して、新しい車検証カードのデータの空き領域を利用したサービスのアイデアを7月19~8月31日の期間、国交省が募集中。ICチップはデータ容量に余裕があり、残りの容量を民間のサービスで活用してもらうのが狙いだ。

例えばガソリンスタンドやカー用品店のポイントカード、保険の契約などが想定できる。今後の検討題材として取り上げるという。クルマだけではなく、ぜひバイクの使用も考慮したシステムにして欲しいものだ。

ICカード車検証の活用イメージ。ポイントなどの情報がIC内に書き込まれる。

関連する記事/リンク

関連記事

ハーレーダビッドソンが高性能な電動バイク、ライブワイヤーを正式発表し、MotoE選手権やマン島TTにおけるTTゼロクラスでも電動バイクがクリーンさと高性能をアピール。台湾のキムコは、1000ccスーパ[…]

関連記事

軽自動車と同一という割高な設定になっている高速道路の2輪料金。その解消に向けて、少しずつ、だが着実に前進しつつある。ETCシステムの改修か、ツーリングプランの仕組みを利用するのか……最新状況をレポート[…]

関連記事

バイクのメンテナンスや修理を行う業務は、顧客の財産と安全を守る大事な仕事だ。分解整備を行うには国家資格が必要で、整備専門学校などに通って学び、資格を取得する若者が多い。そのような志に対し、二輪車メーカ[…]

二輪整備士を目指す若者たち
WEBヤングマシン|最新バイク情報