フェンダーレスキットでリヤビューも変わる

スズキ新型カタナ セパハン化キットはイタリアンメイド![リゾマのパーツ群が上陸]

  • 2019/8/6

販売開始と同時に計画販売台数を大きく超える受注となったスズキ新型カタナは、カスタマイズも続々と新顔が登場してきている。昨年のEICMA 2018で試作品を展示していたリゾマ(rizoma/イタリア)は、セパレートハンドルキットを製品化。試作時よりも垂れ角を増したことで、スポーツネイキッドからカフェレーサー然とした佇まいに変貌した。

日本車にチカラを入れるのは、56デザインの中野真矢さんとの縁も

イタリアのリゾマ(rizoma)社は、高品質な市販車用カスタムパーツの製作で知られ、日本では元MotoGPライダーの中野真矢さん率いる56デザインが日本総代理業を担うことでもなじみが深い。じつは中野さんがカワサキのMotoGPファクトリーライダーだった時代のチーフエンジニアがその後、リゾマの製品開発責任者になった経緯があり、さらにリゾマの創業者はその甥だったという繋がりがある。

昨年のEICMA 2018ではスズキのブースでブラックカタナが発表され、プロトタイプのカスタムパーツを装着した展示車両は新型カタナを最初にセパレートハンドル化したものとして注目されていた。まさにその車両が装着していたのが、このリゾマのセパレートハンドルキット(その他のパーツもリゾマ製)だったのだ。

昨年のミラノショーで展示されていたブラックカタナ+リゾマ

垂れ角が変わることで低く構えたスタイリングを実現

ただし、発表時のプロトタイプは一文字に近い垂れ角になっていて、セパレートハンドルとはいえフラットバーに近い印象を与えていたのも事実。当WEBでも記事化した際には、「どうせセパハン化するならもっと低い姿勢に」という読者からの意見も頂戴していた。

リゾマ社でも同様に考えたのか、燃料タンクやアッパーカウルに接触しない範囲で可能な限り低い姿勢を実現するべく、垂れ角やマウント位置を工夫した模様だ。これにより、真横から見ても正面から見ても印象は激変。併せてフェンダーレスキットを装着することでテールまわりの伸びやかさを表現し、カタナらしい低くフラットな佇まいとしている。これら装着パーツ群は日本への導入も間もなくとされており、カタナカスタムを考えているオーナーには要注目となりそうだ。

【SUZUKI KATANA customized by rizoma】低さ感、凝縮感ともにEICMA 2018(ミラノショー)時のプロトタイプから大きく増している。

【SUZUKI KATANA customized by rizoma】真横から見ても、カタナらしい切っ先の鋭さと前後方向のフラットな伸びやかさが増しているのがわかる。

こちらはノーマルカタナ。短いシートカウルやスイングアームマウントのプレートホルダー、アップハンドルによって、前方に比重を置いたスポーツネイキッドの佇まいとなっている。

装着パーツはセパハン化キットにとどまらない

トップブリッジのハンドルバーマウントを利用して換装するタイプのセパレートハンドルキット。(5万4756円)

ハンドルバーにはブレーキレバーガードPRO GUARD SYSTEM SPORT EDITION(2万3004円)やグリップ“SPORT”(8856円)、ブレーキレバー “3D” (ABE)&クラッチレバー“3D”(ABE)各2万6028円なども装着される。ミラー“Tomok”は左右各2万2356円。

リゾマ社はブレーキレバーガードで知られ、MotoGPなどにもパーツを供給(ドライカーボン製)。LCRホンダやドゥカティファクトリーなどが採用している。写真は中上貴晶選手だ。

ナンバープレートホルダーをシート側に移設できるフェンダーレスキット “FOX” (ABE)。価格は3万9744円だ。

■ウィンカー“Leggera”front 1万368円■ウィンカーアダプター front 2916円■抵抗入りウィンカーケーブルキット 2916円■エンジンガード“B-PRO” 1万5120円

【SUZUKI KATANA customized by rizoma】パーツラインナップ■フロントアクスルスライダー 1万1880円■フロントブレーキフルードタンクキャップ 7992円■ミラーアダプター 1404円■バーエンドアダプターfor PROGUARD SYSTEM 1404円■片側バーエンド left side PROGUARD SYSTEM 4320円■エンジンケースガード“SHAPE” 2万4408円■カムシャフトカバー 7344円■オイルフィラーキャップ 8532円■ガソリンタンクキャップ 2万8728円■ステップペグ Rider“B-PRO”(TUV) 1万368円■ペグアダプター Rider 5832円■ステップペグ Passenger“B-PRO”(TUV) 1万368円■ペグアダプター Passenger 5832円■スタンドフック 5832円■ウィンカー“Leggera”rear 1万368円■ウィンカーアダプター rear 2916円■抵抗入りウィンカーケーブルキット 2916円■ダイナミックブレーキランプセンサー 1万5120円

※価格はすべて8%税込み

https://www.rizoma.co.jp/

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)