マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ミラノショーでお披露目

2019新型KATANA(カタナ)のセパハンカスタムが初登場

2018年10月のインターモトショーで衝撃のデビューを果たした2019新型KATANA(カタナ)が、11月のミラノショーに再び出品された。今度は、ブラックの新色とカスタム仕様が目玉となる。

参考出品カスタムながらフィット感は上々

欧州では2019年の春に発売が予定されている新型KATANA(カタナ)のカスタム仕様が早くもお目見えした。前回の独インターモトショーではSTDのみの展示で、続くパリショーで純正オプションによるカスタム仕様が登場したが、今回は社外品によるさらに一歩進んだカスタム提案となる。セパレートハンドルやステップバー、フェンダーレスキットなどでいずれのパーツも参考出品ながらフィット感は上々。特に、ハンドルについてはセパハン化が実施された例としては初となり、その仕上がりが注目されるところだ。

【SUZUKI KATANA 2019年型カスタム仕様参考出品車】ミラノショーで初登場した新色のブラックにイタリアのカスタムブランド「rizoma(リゾマ)」製パーツを多数装着している。一番の見どころはハンドルだ。

トップブリッジを交換せずにパイプハンドルのクランプ部分に装着できるセパレートハンドルを装着。フロントフォークにクランプするタイプではないが、これでもハンドル高は抑えられる。リゾマの試作品だ。

【セパハンインプレ】前に出て低くなった一文字ハンドルのよう

リゾマのセパハンが装着された新型カタナに跨った印象は、ノーマルと比べて拳1個分以上前に出て、拳1個下がっているという感じだった。このまま製品化されるとは限らないが、絞り角はほとんどなく、垂れ角はややついているかなという印象で、少々独特なポジションと言っていい。前に出て(=遠くなって)低くなった一文字ハンドルのような感じ、と言えば伝わりやすいだろうか。スポーティに走るなら前荷重がかけやすそうなのと、シートが多少前傾しているのでノーマルのバーハンドルよりもバランスがいい面もありそうだ。※テスター:本誌「ヨ」

左列がノーマルで右列がリゾマのセパハン&ステップが装着されたカスタムのライディングポジション。上段のコンパニオンさんで比較すると、腕も前に伸びていることから姿勢が前傾気味になることが分かる。

新型カタナ(上、左下)のノーマルと比べるとリゾマのセパハン(右下)は、低く一文字になっているのが分かる。ノーマルのほうがカメラにグリップ位置が近いため幅は広がって見えるが、体感的に大きくは変わらず、ライダーからの距離と低さ、絞り角の違いなどが目立った。

リゾマのセパハン仕様を前から見た様子。アップハンドルという印象は変わらないが、スポーティなイメージになっている。削り出しのミラーやレバーガードなどもリゾマ製。

ユニークなのがスイングアームマウントのフェンダー兼ナンバープレートホルダーをテールに移設してフェンダーレスとしているところ。同時にスイングアームのマウント部分(右下)を隠すパーツも製作している(左下)。

【上】リゾマのウインカーは小型で見た目もデザイン性が高い。奥に見るスライダーもリゾマ製だ。【左下】ステッププレートはノーマルだが、バーの部分だけローレット加工を施したものに変更。【右下】アクラポヴィッチ製のスリップオンマフラーは、GSX-S1000用と異なる新製品と思われる。

「2019新型KATANA(カタナ)のアクセサリー装着車の解説」記事はこちらへ。
「2019新型KATANA(カタナ)にブラックカラーが登場」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018