第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

パイクスピークでムルティストラーダ1260PPとワンスリー

【走行動画あり】ドゥカティ ストリートファイターV4プロトタイプがポールポジション!

  • 2019/6/29

6月上旬に発表されたドゥカティ ストリートファイターV4のプロトタイプによる“ブロードムーア・パイクスピーク・インターナショナル・ヒル・クライム”への参戦。6月30日に決勝が行われる同レースの予選において、カーリン・ダン選手がポールポジションを奪取した!

『雲へ向かうレース』で早くも最速の座

2019年6月28日、Spider Grips Ducatiチームのカーリン・ダン選手が、週末の日曜日(6月30日)に決勝となるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの予選でポールポジションを獲得した。以前の記事でお伝えしたように、ダン選手が駆るのはパニガーレV4のネイキッド版とも言えるストリートファイターV4のプロトタイプだ。ダン選手はすべての予選セッションでベストタイムを記録。また、ムルティストラーダ1260パイクスピークでヘビーウェイトクラスにチャレンジするチームメイトのコーディ・ヴァーショルツ選手も、総合3位で予選を終了している。

〈動画〉ヒルクライムコースを駆け抜けるストリートファイターV4

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは今年で97回目。この伝説的なレースで新型ストリートファイターV4はプロトタイプという形でワールドプレミアを果たした。高くワイドなハンドルバーを装着したこのハイパーネイキッドは、パニガーレV4Rをも上回る4枚のウイングを備え、パニガーレV4Sと変わらないパフォーマンス(214ps)を発揮すると言われている。量産バージョンはミラノショーことEICMA 2019で発表され、2020年に発売される予定だ。

ドゥカティはこれまでにパイクスピークで合計8回の優勝(2008年~2014年、2018年)を獲得している。6月30日の決勝が今から楽しみだ。

“ピクセル化”呼ばれるカラーリングが施されたストリートファイターV4プロトタイプ。奥に見えるのはムルティストラーダ1260パイクスピークだ。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)