ミツバサンコーワ「EDR-21」

前後2カメラタイプドライブレコーダーはあおり運転対策も車載動画撮影もOK

  • 2019/6/13
ドライブレコーダーEDR-21

EDR-21[ミツバサンコーワ]2019年8月発売予定、予価3万円代

ETC車載器などのバイク用品を販売するミツバサンコーワが前後2カメラタイプドライブレコーダー「EDR-21」シリーズを公開した。あおり運転や追突事故の対策としても有効なだけでなく、録画の画質や音質にもこだわっており、車載動画撮影にも対応とマルチに活用できそうな1台だ。

視界を確保しつつ目立たないカメラ

ミツバサンコーワが開発しているEDR-21の最大の特徴は前後2カメラタイプであること。後方視界も確保できるので、危険なあおり運転や、追突事故などのいざというときに証拠をしっかりと残せる。

また、カメラサイズがコンパクトなので、ヘッドライト下やリアフェンダー側面に設置しても遠目には目立たない。愛車のカッコよさに影響しないというのはオーナーにとってはうれしい仕様だ。

ドライブレコーダーEDR-21

対角162度の広角レンズを採用しているので、ヘッドライト下に装着しても高い位置にある信号までしっかりと記録できる。

記録映像の画質にもこだわりアリ。200万画素のフルHD録画に対応しているだけでなく、電子式手ブレ補正を搭載しているので、振動がどうしても固定したカメラに伝わりがちなバイクでも高画質でなめらかな映像が記録できる。ETC車載器の開発で得たノウハウから防水、防塵、耐振動性も考え抜かれており、風雨にさらされがちなバイク用として十分な信頼性を実現している。

ドライブレコーダーEDR-21

ワイドダイナミックレンジ機能も搭載しており、自動で明暗差を補正。トンネルの入口でも前方や後方を走るクルマのナンバーをきっちりと画面に捉えてくれる。

車載動画撮影にも活用できる

カメラの高画質さはもちろんだが、その他の面でも車載動画撮影への対応が考えられている。特にこだわったというのが録画の音質だ。そのための工夫が録音を行っている本体をカメラとは別体にして、シート下に設置したこと。こうすることで走行風の影響によるノイズを低減しており、エンジンやエキゾーストノートの迫力あるサウンドをクリアに記録できるようにしているのだ。

ドライブレコーダーEDR-21

Wi-fiを通したスマートフォンとの連携も可能。専用アプリから記録映像のダウンロードや、本体の各種設定もできる。動画編集アプリと併用すれば、車載動画の投稿もスムーズに。

ドライブレコーダーEDR-21G

GPS搭載の上級モデル「EDR-21G」は予価3万5千円。GPSを利用することでスピードの記録も可能になるので、5千円のアップならお得かも。

●文:石川 順一
※情報提供:ミツバサンコーワ

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)