マシン・オブ・ザ・イヤー2018
最新バイク用ドラレコ解説!

【動画】キジマから前後2カメラ搭載のドラレコがリリース!

いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だからこそ、交通事故は突然自分に降りかかってくる。そんな事故の原因をきちんと証明してくれるのが、ドライブレコーダー(通称:ドラレコ)だ! ※ヤングマシン2018年8月号(6月24日発売)より

コンパクトな映像で明るくクッキリ記録

2個のカメラで前後の景色をHD(720P)画質で撮影可能なドラレコ。Gセンサーを内蔵しており、ループで常時録画しながら、衝撃を感知するか手元のロックボタンを押すと、その瞬間のファイルを保護できる。 2・7インチのカラーモニター付きの本体はコンパクトで、ハンドル周りに取り付けるマウントが同梱。そのため防滴に有効な本体用のシリコンカバーも付属している。面白いのはリヤ側カメラのフリップ(反転)機能で、鏡像で記録&モニターに表示が可能。前後の映像は画面全体とワイプで別のカメラの映像を同時表示も可能で、バックモニター的な使い方もできそうだ。電源はバッテリーに直接接続しながらキー操作に連動が可能。さらに内蔵バッテリーにより本体だけでも約30分の動画・静止画再生ができる。

KIJIMA
デュアルカメラドライブレコーダーAD720
●税込価格:3万240円
●発売日:6月下旬予定

ハイライトとシャドーのコントラストが強めで、モノの輪郭がはっきりとした画作り。全体として明るめの設定で、光が当たる範囲は夜でもよく見える。映像サイズが720Pのため、フルHDに比べるとジャギーが目立つがドラレコとしては支障はない。むしろファイルサイズが小さく、64GBのメモリーなら9時間12分の録画(単眼時)が可能だ。

ハンドル周辺に取り付けるコントローラーには、録画中のファイルをロックするボタンとマイクを装備。インジケーターで本体の動作状況もわかる。

メニューにはホワイトバランスやシャープネス、EV(明るさ)など画質に関する設定が充実。G センサーの感度はオフと低、中、高の3 段階で選べる。

モード切り替えと録画、メニューのボタンは画面左側に集中配置。本体側面にUSB端子とマイクロSDカードスロットを装備する。

撮影:飛澤慎

八百山ゆーすけ

八百山ゆーすけ

記事一覧を見る

モーターサイクルを中心に高速道路料金やETC、渋滞解消のような交通問題まで、乗り物に関するテーマの記事を、雑誌や書籍、Webに寄稿しているフリーランスのライター。乗り物以外にも、カメラ、ケータイといった男子系ガジェットに加え、最近ではドローンまで、幅広いジャンルを扱っている。

マシン・オブ・ザ・イヤー2018