Wi-Fi内蔵&防水仕様で2K撮影可能なドラレコ

アクションカムとしても活躍!「マルチドライブレコーダー」を使ってみた

  • 2019/5/9
エンデュランス マルチドライブレコーダー

エンデュランスからドライブレコーダーが新登場。IP57相当の防水仕様で、2K(30fps)という高画質録画が可能だ。さらにWi-Fi内蔵なのでお手持ちのスマートフォンと連動し、すぐに動画の確認などができる。今回はその実力を試してみた。

ドライブレコーダー最高水準の高画質で確実録画

エンデュランス マルチドライブレコーダー

マルチドライブレコーダー[エンデュランス] ●税込価格:2万3760円 ●サイズ:97×29×31mm ●重量:89g●撮像素子:360万画素 ●単体撮影時間:最大2時間●撮影画素数:最大2560×1440/30fps(2K)●記録媒体:マイクロSD ●防水:IP57相当

エンデュランス マルチドライブレコーダー

WDR(ワイドダイナミックレンジ。HDRとは異なる)機能を搭載しており、明暗差が極端に変化するシーンでも白飛びや黒つぶれはなし。撮影画素数は最低でもフルHD(30fps)。

エンデュランス マルチドライブレコーダー

800mAhの内蔵バッテリーのほか、USBコネクターを通じて車体の12Vバッテリーからの給電も可能だ。記録メディアはマイクロSDHC/SDXC。防塵防水性能はIP57相当で、本体の操作ボタンは上面にあるこの2個のみ。

エンデュランス マルチドライブレコーダー

【Wi-Fi内蔵でスマートフォンと連動】設定は全て専用アプリをダウンロードしたスマートフォンで行う。画角を調整したり録画した動画を確認できるほか、すぐにSNSなどに上げるなど今時っぽい使い方にも対応する。

(◯)上下反転撮影も可能。60fpsは滑らかだ

このマルチドライブレコーダーのポイントは、ドライブレコーダーとしては現時点で最高水準となる360万画素のCMOSセンサーを搭載していることだ。2K(30fps)という高画質な録画ができるほか、フルHDなら60fpsで録ることも可能。ドライブレコーダーとしての機能は基本的にループ録画のみで、Gセンサーによる自動ファイル保護システムはなし。とはいえ、常時録画できるというだけでも魅力的な製品と言えるだろう。

同梱品のホルダーとミラーステーを使って本体を装着し、実際に録画してみる。フレームレートが30と60fpsしか選べないので、電源周波数が50Hzの地域では信号機などが点滅してしまうものの、さすがに画質は非常にいい。特に60fpsの動画はヌルヌルと滑らかで、これがフルHDで録れるのはありがたい。

WDR機能によりトンネル内でも白飛びや黒つぶれはなく、色味も実に自然だ。手ぶれ補正機能がないので振動の影響を受けやすく、また音質もそれなりだが、ドライブレコーダーとしても使えるアクションカムと考えると食指が動く人も多いはず。装着場所の自由度が高いのもポイントだ。

(△)Gセンサーは未搭載。ボタン操作でロック

録画ファイルを上書きされないようプロテクトするには、三角のボタンを短押しする必要あり。Gセンサー内蔵のドライブレコーダーならこれを自動的に行うので、その点は面倒かも。

【結論】画角が広いのでどんなシーンも逃さず録画する

このテスト中、本当にヒヤリとする場面に遭遇し、身をもってドライブレコーダーの必要性を実感した。ゴープロ7の優秀さを知ったあとなので手ぶれやコンニャク現象が気になるが、価格とスペックのバランスで十分に実用に足ると感じた。

●写真:真弓 悟史
※取材協力:エンデュランス

※ヤングマシン2019年5月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。