2018年に話題をさらった大型スポーツタイプLMW

ヤマハ新型ナイケンGT 受注生産にて販売【ツーリング性能を極めた上級仕様】

  • 2019/3/13
YAMAHA NIKEN GT [2019]

昨年2018年に新登場したヤマハ NIKEN(ナイケン)。ヤマハが独自に開発を進めてきたLMW※1テクノロジーに、MT-09譲りの水冷4ストローク直列3気筒DOHC4バルブ845ccエンジンを組み合わせ、3輪ならでは高次元のコーナリング性能と長距離クルージング性能を両立させた話題のモデルだ。
※1 LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する、3輪以上の車両の総称

そのナイケン2019年型として、ツーリングでの快適性をより高めた上級仕様「ナイケンGT」が登場。大型ハイスクリーン、グリップウォーマー、専用肉厚シート、12V DCジャック(メーター横&シート下)、センタースタンドなどが標準で装備される。

YAMAHA NIKEN GT [2019]

YAMAHA NIKEN GT [2019](海外撮影、一部合成、国内仕様と一部異なる)

ナイケンGT専用装備

YAMAHA NIKEN GT [2019]

YAMAHA NIKEN GT [2019]

★1:大型ハイスクリーン:ウインドプロテクション効果を発揮
★2:グリップウォーマー:寒い日も快適な走行が可能
★3:専用肉厚シート:厚みを増し、ツーリング時の疲労度を低減
★4:新形状グラブバー:トップケース(別売)の取り付けに配慮
★5:12V DCジャック(シート下左側)
★6:センタースタンド

カラーリングはブルー系とグレー系

YAMAHA NIKEN GT [2019]

YAMAHA NIKEN GT [2019] マットダークパープリッシュブルーメタリック1

YAMAHA NIKEN GT [2019]

YAMAHA NIKEN GT [2019] マットダークパープリッシュブルーメタリック1

YAMAHA NIKEN GT [2019]

YAMAHA NIKEN GT [2019] ブルーイッシュグレーソリッド4

YAMAHA NIKEN GT [2019]

YAMAHA NIKEN GT [2019] ブルーイッシュグレーソリッド4 

【主要諸元】全長2150 全幅885 全高1425 軸距1510 シート高835(各mm) 車重267kg エンジン:水冷4スト直列3気筒DOHC4バルブ 総排気量845cc 圧縮比11.5 内径78.0×行程59.0mm 最高出力116ps/10000rpm 最大トルク8.9kg・m/8500rpm タンク容量18L 変速機:6速リターン キャスター20°00′/トレール74mm ブレーキF/R=ディスク タイヤF=120/70R15 R=190/55R17 カラー:マットダークパープリッシュブルーメタリック1、ブルーイッシュグレーソリッド4 税込車両本体価格194万4000円

ナイケンGT(税込車両本体価格194万4000円)は受注生産にて販売。全国のナイケン取扱店にて2019年3月13日より予約受付を開始する。

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)