自分好みのカスタマイズを楽しむベース車として最適

ハーレーダビッドソン エレクトラグライド スタンダード発売【シンプル&ミニマルツアラー】

HARLEY-DAVIDSON ELECTRA GLIDE STANDARD [2019]

「Freedom for all, All for Freedom(全てを自由のために。自由を全ての人へ。)」を掲げるハーレーダビッドソン。そのツーリングファミリーの原点ともいうべき要素である、風圧軽減に適したバットウィング・フェアリング、クロームトリム、サドルバッグ、キャストアルミホイールを装備している2019年型『エレクトラグライド スタンダード』は、伝統的なカラーコンビネーションとモダンなスタイリングを両立させながらも、シンプルさを徹底追及した新しいツーリング・スタンダードモデルと言えるだろう。

スタンダード版として購入しやすい価格帯を実現するために、エレクトラグライド スタンダードでは標準装備を選別。クルーズコントロール、手動エマルジョンリアショックアブゾーバ、デュアルベンディングバルブサスペンションを備えた49mmのフロントフォーク、ABS搭載Reflex™リンクドブレーキ、セキュリティシステムなどを標準装備とする一方で、ビビッドブラックの単色展開と、インフォテインメントシステム(BOOM™! BOX GTS)は搭載されない。ミニマルなツーリングモデルとしてそのまま楽しむもよし、オーナー好みのカスタムモデルのベースとして楽しむもよし、の1台だ。

HARLEY-DAVIDSON ELECTRA GLIDE STANDARD [2019]
HARLEY-DAVIDSON ELECTRA GLIDE STANDARD [2019]
HARLEY-DAVIDSON ELECTRA GLIDE STANDARD [2019]
Milwaukee-Eight(R) 107エンジンが鋭いスロットルレスポンスを放つ
HARLEY-DAVIDSON ELECTRA GLIDE STANDARD [2019]
センターコンソールには最小限の機器類とグローブ ボックスが備わるシンプルな設計
HARLEY-DAVIDSON ELECTRA GLIDE STANDARD [2019]
長時間の走行時も安心・快適なソロツーリングシート
HARLEY-DAVIDSON ELECTRA GLIDE STANDARD [2019]
バットウィング・フェアリングがヘッドバフェットを抑えスムースな気流を促す

【主要諸元】全長2400 軸距1625 シート高680(各mm) 車重372kg 総排気量1745cc タンク容量:22.7L ブレーキF=ダブルディスク R=シングルディスク タイヤサイズF=130/80B17 R=180/65B16 カラー:ビビッドブラック単色 税込車両本体価格290万5200円

ELECTRA GLIDE STANDARD(税込車両本体価格290万5200円)は、2019年3月5日より販売中。

※情報提供:ハーレーダビッドソン ジャパン
※掲載写真はすべて海外仕様車

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

未来の新車を大胆に予想(×妄想)することでおなじみの『ヤングマシン』。海外勢の動向に目を移すと、2019年以降大きな波が起きそうなのがハーレーダビッドソンだ。今後10年間で100ものニューモデルを[…]

HARLEY-DAVIDSON [IMAGE CG]
関連記事

ハーレー・ダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」が米ラスベガスの家電見本市・CES2019に登場、スペックなど詳細のほか、アメリカ国内での価格が2万9799ドル(約321万円)からと発表[…]

関連記事

ハーレー・ダビッドソン2019モデルの中で、唯一のブランニューモデルとなるのが10機種目のソフテイル・FXDR114だ。ドラッグレーサーをデザインモチーフとしたロー&ロングな車体に、エレメン[…]

A0695
WEBヤングマシン|最新バイク情報