YZR-M1デザインを踏襲した’19マイナーチェンジ

ヤマハ新型YZF-R25はMotoGPマシンイメージに変身

YAMAHA YZF-R25 [2019]

すでに北米や欧州など世界各国で発表・発売されているヤマハの2019年新型YZF-R25/ABSが、いよいよ日本国内でも正式発表された。新型の最大の特徴は、MotoGPマシン・YZR-M1を彷彿とさせるデザインだろう。また、スタイリングだけでなく走行性能面および乗りやすさについても大きく手が加えられ、マイナーチェンジながら新しいマシンへと生まれ変わった。コストパフォーマンスの良さも魅力だ。

’19新型YZF-R25/ABSの心臓部・水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブ・249ccエンジンとリヤにモノクロスサスペンションを備えたトラスフレームは従来型から継承されるが、旋回性能の高い倒立式フロントサスペンションが採用されたことに伴い、各種新たなセッティングが施されている。

YAMAHA YZF-R25 [2019]

YAMAHA YZF-R25 ABS [2019] ディープパープリッシュブルーメタリックC

YAMAHA YZF-R25 ABS [2019]

YAMAHA YZF-R25 ABS [2019] ディープパープリッシュブルーメタリックC

スタイリング変更の主な力点は、”クロスレイヤード・ウイング”と呼ばれる立体的な構造を持つフロントカウルや、空気を整流する効果の高いスクリーンなど、空力特性の向上を目指したエアロダイナミクスに置かれている。また、ハンドル位置とタンクトップ位置を下げることで扱いやすさにも配慮。ライダーの運転負担軽減に貢献する。

その他の変更点としては、高い視認性を持つフル液晶ディスプレイを新開発。アクセルワークを視覚的に楽しめるとともに、シフトタイミングインジケーターなどの情報もマルチに表示され、レーシングイメージがより強く喚起させられるだろう。また、歴代同様のLED二眼ヘッドランプは、低い位置から睨みつけるような精悍でより闘志あふれる表情に。左右ヘッドランプ中央のセンターダクトも、MotoGPマシン・YZR-M1のイメージを強く印象づけている。なお、カラーリングはディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック3の3色展開だ。

YAMAHA YZF-R25 [2019]

YAMAHA YZF-R25 ABS [2019] マットディープレッドメタリック3

YAMAHA YZF-R25 [2019]

YAMAHA YZF-R25 ABS [2019] マットブラック2

YZF-R25(税込車両本体価格59万9400円)およびYZF-R25 ABS(同64万2600円)は、2019年3月28日に発売される。

【YZF-R25[2019]主要諸元】([ ]内はABS車)全長2090 全幅730 全高1140 軸距1380 シート高780(各mm) 車重167kg[170] エンジン:水冷4スト直列2気筒DOHC4バルブ 総排気量249cc 圧縮比11.6 内径60.0×行程44.1mm 最高出力35ps/12000rpm 最大トルク2.3kg・m/10000rpm タンク容量14L 変速機:6速リターン キャスター25°00´/トレール95mm ブレーキF/R=シングルディスク タイヤサイズF=110/70-17 R=140/70-17 カラー:ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック3 税込車両本体価格59万9400円[64万2600円]

※情報提供:ヤマハ発動機

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

特集/連載

  1. 兄弟車試乗インプレ対決
  2. 2019初夢スクープ
  3. 岡崎静夏
  4. Moldel A(A型)
  5. 大阪モーターサイクルショー2019
バイク王
Z900RS x STRIKER