国内での発売も期待

ヤマハ2019新型YZF-R125が欧州で発表! VVA付きで15psを発揮

2018年9月28日、ヤマハが欧州で新型のYZF-R125を発表。2008年に登場し、それから改良を繰り返してきた2018年モデルまでのスタイルやメカニズムを刷新している。

最新のYZF-Rスタイルにフルモデルチェンジ

国内には2012年にプレストコーポレーションによってオーストラリア仕様が輸入された欧州産のYZF-R125が、2019年型でフルモデルチェンジした。外観やメカニズムはインドネシアで2017年に発売されたYZF-R15に準じており、LEDヘッドライトやVVA(Variable Valve Action=バリアブル・バルブ・アクション=可変バルブ機構)にアシスト&スリッパークラッチ付きエンジンなどが採用された。排気量はR15の155.1㏄に対し125㏄となり、最高出力は19.3psに対し15psだが、デルタボックスフレームや径41mmのフロント倒立フォークにリヤはリンク付きのモノショックに軽量なアルミ製のスイングアームを採用するなど、兄貴分のYZF-R25よりも豪華な装備を誇る。

【YAMAHA YZF-R125 2019年型欧州仕様】2006年型のYZF-R6を踏襲したデザインを採用して2008年に欧州で生産・販売された従来型から、同じく2017年型YZF-R6イメージに刷新された新型YZF-R125。これのベースになっているのは、2017年型のYZF-R15で、ボディや車体、エンジンなど多くの部分で共通となっている。

【YAMAHA YZF-R15 2017年型インドネシア仕様】YZF-R125の登場と時期を同じくする2008年にインドで生産・発売されたYZF-R15が2012年のモデルチェンジを経て、一時期YSPによって国内でも輸入販売された。その後、2017年にインドネシアで生産・発売された写真の2017年型に刷新され、現在はインドでも同タイプに切り替わっている。

【R15インプレ再録】大人げない孤高のフルスペック?!

今春、インドネシアで発表されるや否やアジア全土を騒然とさせた……かどうかは定かではないものの、それほど抜きん出たスペックとスタイルで登場した渾身のモデルがこれだ! スタイルはまんまYZF-R15のイメージで、ヤマハが言うところの「R-DNA」がテンコ盛り。シートカウルのエアスクープはR1風だし、フロントマスク中央のダクトは、ダミーながらもモトGPマシンのM1的。速さの象徴がこの1台にギュギュッと凝縮されていると言っても過言ではない。もちろん見た目だけのなんちゃって仕様ではなく、倒立フォークにアルミスイングアームに可変バルブエンジンに……と走り方面の機能も抜かりなし。250㏄クラスはホンダの後出しジャンケンにヤラれたが、このクラスではきっちりヤリ返す……と、そんな気合いがあふれ出ている1台だ。

肝心のパフォーマンスもそれに見合うものだった。またがった時の第一印象は大柄で、車重もそこそこあるため「あれ、もしかして不利?」と思ったものの、それがタイヤの接地感や路面追従性の良さに貢献。桶川スポーツランドにはギャップがいくつもあるが、まったく挙動を乱すことなくスムーズにコーナリングしてみせたのだ。可変バルブ機構を持つエンジンのパワー特性にも尖ったところがなく、いつでもどこからでもスロットルを開けることが可能。4台中(YZF-R15、CBR150R、GSX-R150、Ninja150RR)で最も重い車重が影響してか、最高速は4位に沈んだにもかかわらず、圧倒的なコーナリングパフォーマンスでラップタイムは1位に肉薄する2位を獲得してみせた! かつて「コーナリングのヤマハ」と評された優れたハンドリング特性は今も健在。クラスを感じさせないモデルだ。 ※テスター:伊丹孝裕、ヤングマシン2017年8月号より

【YZF-R15 2017年型】見た目はアグレッシブながらハンドリングや乗り心地はしっとりと上質。荒れた路面をモノともせずに走れるライントレースの良さが印象的で、高いアベレージスピードを発揮する(伊丹)。

【YZF-R15 2017年型】全長は1990mmでR15とR125で同値。シート高はR15の810mmに対してR125は820mmとなる。カカトはギリギリ接地する程度だが、またがってしまえば車格にゆとりがあり、快適だ。ライダーの身長は174cm、体重は61kgだ。

125ならではの専用装備が光る!

メーターは従来型同様のフル液晶ディスプレイでR15と同じボディに変更されたが、R125は黒バックのネガティブタイプとなり表示も改良、より高級感のあるものとなった。トップブリッジやハンドルもR125独自となっており、ブレーキレバープロテクターが標準装備となっているのもR125ならではの特徴だ。また、フロントブレーキはR15の方押し2ポットに対しラジアルマウントの対向4ポット(ABS)にグレードアップされているのだ。

上がYZF-R125で、下がYZF-R15のメーター。シフトインジケーターが上部にセットされるボディは共通だが表示は異なる。125は燃料計のデザインを変えてその下に時計を表示させているようだ。またVVAステータス表示は継続されている模様。レッドゾーンはともに11000rpmからとなる。

左列がYZF-R125で、右列がYZF-R15。トップブリッジの肉抜きやハンドルのマウント方式が異なっている。またR125にモトGPスタイルのブレーキレバープロテクターが標準装備となっているのは市販車では珍しく、RC213V-Sにミラーマウントを兼ねたガードが装備されていた例がある程度だ。

左がYZF-R125で右がYZF-R15のフロントまわり。R15のフロント倒立フォーク径に関する情報がないが、R125は径41mmの倒立にラジアルマウントキャリパーと装備はR15よりも豪華。ちなみにR125のラジアルマウントは2014年型から採用されているが、この2019年型からABS用と思われるセンサーが追加された。

ヘッドライトはLEDでロービームでも両目点灯になっているようだ。ダクトはR15ではダミーだったので、R125も同じだろう。

最新のYZF-R1やYZF-R6と同じようにテールカウルには穴が開いたデザインを踏襲。これでかなりスポーティな印象になるが、2人乗りも可能だ。

軽量なアルミ製のスイングアームはYZF-R15と同じ装備。ただし、タイヤはIRCのRX-01→ミシュランのパイロットストリートラジアルに変更されている。

カラーバリエーションは上からコンペティションホワイト、ヤマハブルー、テックブラックの3色が用意されている。


「2019新型Ninja125(ニンジャ125)とZ125が公開! 国内導入も濃厚」記事はこちらへ。
「【スクープ】2019新型YZF-R25のデザインが判明! スパイショットはやはり偽装顔だった」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事