マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ミラノでヤマハがプレスカンファレンスを実施

ヤマハ2019新型NIKEN GT(ナイケンGT)がパニア付きで登場

2018年11月5日、ヤマハがミラノショープレスデーを前にプレスカンファレンスを実施し、2019年モデルを新たに発表した。今回初公開となったモデルは、300㏄の3輪スクーターのプロトタイプなど多数。ここでは、新型NIKEN GT(ナイケンGT)を紹介しよう。

刺激と安定に快適性も手に入れろ

3輪のスポーツツアラーとして国内でもリリースされたナイケンに、早くも2019年モデルの新バリエーションが欧州で発表された。新しいナイケンにはGTの名が追加され、より快適にツーリングができるよう快適装備が盛り込まれている。

ナイケンGTに装備されたハイスクリーンは、風圧や雨からライダーの上体を守り、特別に用意されたコンフォートシートとともにライダーとパッセンジャーの疲労を軽減してくれるだろう。片側25LのABSセミソフトサイドケースは、軽量&コンパクトで取り扱いが簡単。ケースの取り付けベースは、パッセンジャーグリップとともに装着するように設計されている。 さらに、GTにはグリップヒーターが装備され、温度レベルはメーターに表示。他にも、パーキングやチェーンメンテナンス、タイヤの検査を容易にするメインスタンドの装備や、STDでは黒一色だったカラーリングに2種類の新色が用意された。

【YAMAHA NIKEN GT 2019年型欧州仕様 発売時期:’19年1月(欧州)】ツーリングをより快適にする装備を施したGT。写真の新色、Phantom Blue(ファントムブルー)には金色のフロントフォークが組み合わされる。

こちらは、Nimbus Grey(ニンバスグレー)でフロントフォークはブラックとなる。同日に発表された北米仕様には設定されていないカラーだ。尚、欧州で発表されたスペックは現状STDと同じだ。

日本国内での発売も可能性あり

国内ではバックオーダー状態になりつつあるというナイケン。2019年はナイケンGTも発売される可能性が高い。だだし、2018年型のトレーサー900GTが国内ではパニアケースを装着しない状態で発売されたことを考えると、ナイケンGTも同様になると思われる。国内での発売時期や価格は不明だ。

ナイケンGTのハイスクリーン(左列)とSTD(右列)を比べるとかなり高さが異なるのが分かる。

サイドケースはファスナーで開閉するタイプのセミソフトタイプ。容量は片側25Lを確保している。メインスタンドを装備しているのもGTならではの特徴だ。

ナイケンGT(左列)とSTD(右列)を比較。メーターは左側モード表示の上にグリップヒーターの温度表示がGTに追加されている。シートはパッセンジャー側が見た目で異なっているのが分かる。ライダー側も厚みを増していそうだ。

「【NIKEN=ナイケン国内初試乗】大型3輪バイクの高機動性を総チェック!」記事はこちらへ。
「【動画】NIKEN=ナイケン vs MT-09サーキット対決」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018