マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ミラノショーのカスタムカタナ

ヨシムラ×カタナ 始動!!【プロトタイプ・機械曲げサイクロンが参考出品】

ミラノショーでブラックカタナが発表されたのは既報通りだが、スズキに隣接するブースではヨシムラのパーツを装着したカスタムマシンが展示された。これをブラックカタナに組み合わせたら……など、妄想は尽きない。

新作パーツは3つある

「ヨシムラがバックステップを開発中!」の記事(コチラ)でも新型カタナのチューニングを検討中と触れているが、ミラノショーことEICMA 2018ではすでにマフラーなどを装着したカスタムマシンが参考出品されていた。今回は3つの新作パーツおよび既存のGSX-S1000/F用パーツのフィッティング状況についてレポートしたい。

ヨシムラサイクロン

まずは”ヨシムラといえば”のサイクロンマフラーだ。こちらは機械曲げのフルエキゾーストとなっており、焼け色に光る存在感が視線を誘導するためか、車両全体のたたずまいも大きく変わって見える。ただし、スイングアームマウントのナンバープレートホルダーが取り外されているので、その部分も勘案しつつイメージをつかんでもらいたい。フェンダーレスキットに触れた記事(コチラ)もあるので、ご参考に。

機械曲チタンサイクロン R-11 FIRE SPEC(TM)プロトタイプ(参考出品)

R-11サイクロンタイプのサイレンサー。R-11はトライオーバルの進化版でテーパータイプとなる。エンドピースはシリーズ共通のドライカーボン(内部はステンレス)で、サイレンサーカバーはカーボンとチタンが存在する。こちらはカーボンタイプ。

次なるパーツはバックステップ

冒頭でも紹介した記事で新型バックステップについては詳細が語られているが、レッド×グレーのヨシムラカラーにちなんだ「スレートグレー」というカラーアルマイトが施されている。現状のプロトタイプではステップバーが5ポジション、チェンジペダルは付け根が2ポジション/先端のバーは3ポジション、そしてチェンジロッドは5ポジションが選べる設定になっている。ブレーキペダルについては根元は1ポジション、先端が2ポジションとなる。

ステップキット X-TREAD(エックス・トレッド)プロトタイプ。近日リリース。

ローレットの刻み方はこんな感じ。グリップ力はかなり高そうだ。ポジション移動のための穴もご参考に。

ラジエターコアプロテクター

新作パーツの3つめは、ラジエターコアプロテクターだ。ベースモデルとなったGSX-S1000にはシルバーと黒の2種類がラインナップされるが、参考出品されていたのはブラックオキサイドと呼ばれる黒いタイプ。ステンレス表面の酸化被膜をわずかに厚くすることで、ガンメタに近い鈍い光を放つのが特徴だ。メッシュの形状はヘキサゴナル(=亀甲)ベースの独自パターンを採用。もちろんヨシムラのロゴも配置される。

ラジエターコアプロテクター。色はBlack Oxideで、車両全体のたたずまいを崩さないよう溶け込んでいる。

すでにラインナップ中のパーツも

GSX-S1000/Fをベースにしていることから、そのまま取り付けられるパーツも多数。それらをダイジェストで紹介しよう。これらはすでに発売中だ。

そしてこちらはヨシムラ製品ではないが、同じく装着されていたのでご参考に。

【サンスター プレミアムレーシンディスク】ホール&スリットタイプ T5.0mm オリジナルロゴマーキング入りフローティングピン

【サンスター ジュラルミンスプロケット硬質アルマイト仕様】【RK ドライブチェーン X-XW Series BL525XXW】

待ち遠しい!

カタナの車両自体、日本での発売時期は来春以降になると思われるが、それまでにはカスタムパーツもかなりのラインナップになっているだろう。今からカスタムプランが捗りそうだ。

カタナにヨシムラロゴが入るとやはり雰囲気が違う。国内での発売、最速でお願いします!

「ヨシムラがバックステップを開発中!」はこちら

「2019新型KATANA(カタナ)のセパハンカスタムが初登場」はこちら

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->