マシン・オブ・ザ・イヤー2018
目指すはインドの巨大市場

【スクープ】XR250?! ハーレーダビッドソンが2年以内に250㏄の投入を発表

大排気量の空冷Vツインにこだわってきたハーレーダビッドソンに激変が起きている。水冷60度Vツイン車や電動バイクに加え、アジア向けの小排気量車もスタンバイ中だ! ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

生き残りを賭けたインド攻略作戦が始まる!

2018年7月30日に、’19〜’22年にかけての怒涛のニューモデル攻勢について発表したハーレーダビッドソン。その中の1台が2年以内にインドでの立ち上げを公言した、250〜500ccの小排気量モデルだ。ハーレーは今後10年間で100のニューモデルを発表し、世界的な売上を50%伸ばすことを目標に据える。そのために攻略が必須なのがアジア、中でも爆発的にモーターサイクル市場が拡大しているインドマーケットだ。

この市場に向け、ハーレーは’15年にインド工場製のストリート500を投入しており、新小排気量車はこの下のモデルとなるはず。インドTVSと提携してG310シリーズを生産するBMWのように、アジアメーカーと共同開発すると発表されているが、本誌は500〜1250ccをプラットフォーム展開するという、新開発の60度水冷Vツインにあえて注目。最小版の500ccを単気筒化したイメージでCGを製作してみた。ハーレーは過去に、1000㏄VツインのビューエルXB9系からリヤシリンダーを取り去った「ブラスト」という500cc単気筒車を販売していたという”前例”もあるのだ。 ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

【HARLEY-DAVIDSON XR250 予想CG(左上) 予想登場時期:’20年】この度ハーレーが発表した新型水冷V2エンジンを搭載したストリートファイターは500~1250㏄のバリエーションが用意されるという。その半分の排気量なら250㏄~という予想だ。前例にはBuell(ビューエル)のBlast(ブラスト)があり、984㏄の1/2サイズの492㏄だった。

【上】’21〜’22年の導入が予定される電動バイクのスケッチ。XR750風のタンク/シートは、スポーツ性をハーレーらしく訴求するなら大アリだ。【右下】ハーレーの新型水冷モデル開発風景にはXR750を横目にクレイを削っている場面も。【左下】新型水冷モデルは、衣服の巻き込みを防ぐインド固有の装備「サリーガード」も念頭においているのが分かる図だ。

インドと言えばスズキ、こちも250を投入か?!

2019年に登場しそうなのは、インドを中心にアジア市場で好調なジクサーシリーズの新フラッグシップ。燃焼室付近にオイルの冷却通路や吸排気ポート間にオイルジャケットを設けた“循環型油冷方式”を採用する250シングルスポーツであると見られ、その油冷に関する新特許も続々と公開が続いている。現行ジクサーの空冷155㏄版と同様にネイキッドとカウル付き(SF)の2本立てが予想され、まずはネイキッド版の方から投入される模様だ。 ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

【SUZUKI Gixxer250(ジクサー250) 予想CG 予想登場時期:’18年秋~’19年春 デビュー可能性:50%】このCGはフルカウルを身に纏ったSF仕様をイメージして本誌が独自に制作したもの。

ヤマハが2019年型YZF-R25/YZF-R3を発表した際に使用されたアジアマーケットの2輪勢力図(2017年)。日本が30万台なのに対し、インドは1900万台規模と圧倒的。中国の720万台、インドネシアの520万台も遥かに凌ぐ規模となっており、世界のメーカーが争って進出しているのだ。

「ハーレーの水冷975ccストリートファイターにはカウル付きも存在?!」記事はこちらへ。
「ハーレーがアドベンチャーモデル Pan America 1250(パン アメリカ1250)を発表」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018