ハーレーダビッドソンの新ビジョンモデル紹介パート2

ハーレーの水冷975ccストリートファイターにはカウル付きも存在?!

2018年7月30日、ハーレーダビッドソンが「More Roads to Harley-Davidson(ハーレーダビッドソンへのさらなる道)」という2022年までの世界戦略を発表し、新たに販売に乗り出すセグメントのモデルを公開。ここでは「ストリートファイター」と「カスタム」を紹介しよう。

新水冷エンジンは975ccと1250ccの二本立て

ハーレーは、前記事で紹介したパンアメリカ1250だけでなく、2020年に「ストリートファイター」もリリースすることを正式発表した。ストリートファイターのエンジンは975ccと発表されたが、パンアメリカ1250のものと外観は変わらないことからボア×ストローク等違いと思われる。また、パンアメリカには975ccバージョンも存在するという情報もあり、新V水冷V型2気筒エンジンは、スポーツスターシリーズのように2つの排気量帯で展開されることが予想される。

【HARLEY-DAVIDSON STREET FIGHTER プロトタイプ】パンアメリカ1250とともに2020年にリリースがアナウンスされたストリートファイター。プレスリリースには車名にTM(トレードマーク)が記載されておらず、まだ非公開、もしくは未定だ。排気量は975ccと正式発表されている。

ハーレーによるストリートファイターのイメージ。タンク部にエアフィルターが置かれ、マフラーもスクリーミンイーグルのマークがあることからこのデザイン画はカスタム後をイメージしているのかも知れない。

前後シリンダーの左右オフセット量があまり見られないことからコンロッドはハーレー伝統のナイフ&フォークタイプとも推測できるエンジン。マフラーは右1本出しで排気口はスラッシュカット、アンダーカウル部分には触媒などをセットしているだろう。

ドゥカティや国産でもMT-09やCB1000Rが採用するスイングアームマウントのナンバープレートホルダー。公開された写真には装着されていないが、このデザインでリリースされるのだろうか? デザインから欧州市場を狙っていると思われる。

フレームが前後セパレート構造になっているのが分かるCAD画面。ピボットプレートはエンジン後半部分に締結されていると思われる。後半はドゥカティのパニガーレV4、前半はモンスター1200に似た構造と言える。

カウル付きもある?! モチーフはあのVR1000

そして、「ストリートファイター」については写真のネイキッドタイプだけでなく、公開された映像からハーフカウル付きのモデルも確認できる。しかも一緒に並んでいるのは、かつてハーレーが打倒ドゥカティを目指して開発した水冷Vツインのスーパーバイク=VR1000(1994年)というから、期待が高まる。今回のハーレーのアナウンスでは、2022年までに新たに進出したセグメントでのラインナップを拡大するための追加モデル投入が示唆されており、VR1000レプリカの登場は間違いない?!

映像(最下段に掲載)では、ストリートファイターの製作シーンも収録されているが、いろいろなものが写り込んでいる…。

それはあえて映り込ませたと分かるのがこのカットで、VR1000(手前)を背にモックを削る風景が…。これはVR1000レプリカの存在を示唆していると思われる。

【HARLEY-DAVIDSON VR1000 1994年】AMAスーパーバイクに参戦したハーレーのワークスレーサー・VR1000(上、左下)とホモロゲ―ション獲得のために販売された公道モデル(右下)。エンジンは水冷V型2気筒DOHC4バルブ996ccでフレームはアルミツインチューブという超本格スポーツモデルだ。

「カスタム」はV-RODの生まれ変わり?!

新水冷V型2気筒エンジンを搭載したシリーズには「カスタム」も存在し、2021年リリースの見込みだ。こちらの排気量は1250ccと発表されており、従来の水冷ハーレー、2017年限りでラインナップから姿を消したV-RODの代わりとなりそうだ。元々はVR1000からV-RODが生まれており、上記のカウル付きだけではなくパフォーマンスクルーザーが用意されるのは自然な流れと言える。また、排気量はV-RODの後期型が採用した1246ccに近いが、エンジンは明らかにコンパクトに見えるので、日本人には大きかった感も否めない車格もダウンサイジングされることが期待できそうだ。

【HARLEY-DAVIDSON CUSTOM プロトタイプ】こちらもネーミングはTM記載なしで、非公開か未定だ。アドベンチャーやストリートファイターより1年遅れの2021年リリースと発表された。2018年型ファットボブをより過激にしたようなデザインは、コンパクトな新水冷エンジンでこそハマりそうだ。

ニュース提供:米国ハーレーダビッドソン
「ハーレーがアドベンチャーモデル Pan America 1250(パン アメリカ1250)を発表」記事はこちら
「ハーレーの電動バイク LiveWire(ライブワイヤー)は2019年8月リリースに」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事