新型NEO SPORTS CAFEの最新動向が判明

【スクープ】2019新型CB650Rは、10/3パリショーでコンセプトモデルが公開

2018年9月13日からホンダが配信している「NEO SPORTS CAFE(ネオ スポーツ カフェ」のディザー広告は、10月2日からの独インターモトショーではなく、10月3日からの仏パリモーターショー向けのモデルと判明した。

パリで出品されるのはCB650Rのコンセプトモデル

当WEBでもすでに2回記事にしたホンダ「NEO SPORTS CAFE(ネオ スポーツ カフェ)」のディザー広告は、並列4気筒650㏄のエンジンを採用したCB650Rの登場を予告しているだろうというのは既報の通り。そして、今回新たにその展示会場が2輪の見本市であるドイツのインターモトショーではなく、4輪の展示が中心のパリモーターショーだということが判明した。プレスデーは前者が10月2日で後者が10月3日(バイク)となり、ディザー広告の日程と一致するのはパリ。情報筋によると「パリにまずコンセプトモデルを出品し、製品は11月のミラノショーで発表する」ということだった。

新「NEO SPORTS CAFE」のディザー広告第1回画像。インターモトショーの一般公開日の10月3日とも考えられたが、パリのプレスデーの日程だった。

コンセプトモデルの直後に製品版が発表という流れはCB1000Rと同じ

そこで、本誌はあと数日後に迫ったパリモーターショーに出品されるコンセプトモデルと、11月6日からの伊ミラノショーで初公開される見込みの市販版CB650Rの予想CG(トップ画像)を制作してみたのでご覧いただきたい。本誌が予想するのは、並列4気筒エンジンを搭載した大型モデルということから、CB1000Rに近いという展開。フレームはティザー広告に写されていた流れからCB650Fの改良版としたが、プロアームや倒立フォークなどの豪華装備を奢ってみた。

2枚目は、10月3日にパリで公開されると予想されるコンセプトモデルの予想CG。CGを見れば分かる通り、この展開は2017年10月の東京モーターショーで展示された「ネオ スポーツカフェ コンセプト」がCB1000Rとして11月のミラノショーで正式発表されたのと同じ流れとなる。足まわりの装備やデザインの方向性などが、まずは10月3日に明らかになるだろう。

【HONDA NEO SOPRTS CAFE CONCEPT 650 2018年パリモーターショー出品モデル予想CG】コストパフォーマンスを考慮するとCB650Fの正立フォークや両持ちスイングアームを装備する可能性もあるが、フレームを改良していることも考慮して装備をアップグレードしてみた。果たしてどうなる?!

「【チラ見せ】ホンダ2019新型スポーツカフェはCB650Rで確定的」記事はこちらへ。
「10月2日にCB650Rがインターモトショーで公開?!」記事はこちらへ。
「東京モーターショー出品車紹介 CB1000Rの原型現る!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事