マシン・オブ・ザ・イヤー2018
国内でも正式発表

NIKEN=ナイケンの国内仕様は178万円で9/13から受注開始

2018年9月13日、ヤマハがLMW(Leaning Multi Wheel=バイクのようにバンクして旋回する3輪以上の車両の総称)テクノロジーを採用したフロント2輪の3輪モデル、NIKEN(ナイケン)を国内で正式発表した。

リラックス&エキサイトメントを提唱

2018年5月の欧州デビューに続いてNIKEN(ナイケン)がついに国内デビューを果たした。NIKEN(ナイケン)は、進化したLMWテクノロジーが生み出す安定感に支えられたコーナリング性能と長距離でも快適に過ごせるクルージング性能を両立させた最新の3輪モデル。2014年に登場したトリシティも採用しているLMWテクノロジーに、専用開発した新ステアリング機構である「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を投入することで、3輪ならではの安定感だけでなく、スポーティーなコーナリングや自然な操舵性を両立している。

【YAMAHA NIKEN(ナイケン) 2018年型国内仕様 価格:178万2000円(受注生産) 受注開始日:9月13日】カラーリングはダークグレーメタリックGのみ。同じエンジンのMT-09より78万円プラスとなるが、英国の1万3499ポンド(約196万円)やイタリアの1万4990ユーロ(約194万円)より安価だ。全国のNIKEN(ナイケン)取扱店で予約を受け付ける。

キャスター角20°、トレール74mmという一般的なバイクと異なるフロントまわりの寸法や、片側2本のタンデムフォークが真横のシルエットも特異なものにしている。

攻めの3輪モデルを構築

倒立&タンデムフォークの外側片持ちフロントサスペンションや410mmのトレッド、2軸ステアリング機構により45度のバンク角を実現。また、2軸ステアリング機構は、約50:50の理想的な前後重量配分を実現し、優れたハンドリングにも貢献している。エンジンは、MT-09用の845㏄並列3気筒を採用するもクランク慣性モーメントを18%アップさせ、さらにFIセッティングを変更することでスポーティかつマイルドな操作性と粘り強いトルクを引き出している。ミッションは263㎏の車重とスポーティな走りに応えられるよう、YZF-R1と同じ強度に優れた素材を使用している。

スタイリングは「New Type of Agility & Controllability」がコンセプト。フロント2輪とタンデムフォークのフロントサスペンションをタイヤの外側に配置した新しいメカニズムのインパクトのあるシルエットによりスポーティな運動性能を視覚化している。カラーリングは、ヤマハのレーシングスピリットを象徴するブルーをホイールなどに配し、攻めのLMWを表現した。

同じ3輪のトリシティよりも新しいLMWアッカーマン・ジオメトリを採用したステアリング機構。バンクし、さらに内外輪差が生まれるフロント2輪が常に旋回方向を向く設計を成立させ、同心円を描く滑らかな旋回を可能とするヤマハ独自の構造となる。

コミューターであるトリシティとは異なり、攻めのLMWを表現したデザインスケッチ。片側2本のタンデムフォークがデザイン上でも大きなポイントになっている。


ニュース提供:ヤマハ
「NIKEN=ナイケンはアッカーマンステアで旋回」記事はこちらへ。
「ナイケンとゴールドウイングのステアリング機構」記事はこちらへ。
「NIKEN=ナイケンの試乗インプレッション」記事はこちらへ。
「【第2弾】NIKEN=ナイケンの試乗インプレッション」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018