マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ホンダコレクションホール20周年特集⑧

ホンダ ドリームCB72スーパースポーツ(1961年製造)が走行

2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念イベントが開催された。いつもの動態確認テストはレーサーなどが多かったが、今回は20周年記念ということで市販製品特別走行が実施され、ホンダの黎明期から現在までのエポックメイキングなモデルが走行を披露した。次回は9月24日に実施される。

コピーは「トップで70km/h以下では走れません」

1959年は、初めてCBの名を冠したベンリイCB92スーパースポーツが発売され、第2回全日本モーターサイクル・クラブマンレース(浅間高原)の125㏄クラスで優勝。さらに250㏄クラスでは、50台限定で販売されたCR71も優勝している。この年は、ホンダ初の並列4気筒DOHC250㏄のRC160が浅間のレースで大活躍しており、マン島TT参戦も含め4ストロークエンジンの高回転・高出力化技術を蓄積したホンダが、レースで強さを発揮し始めた時代となる。

CR71のベースであるドリームC71は、1957年10月に発売されたホンダ初の2気筒エンジン車で、神社仏閣スタイルと言われる角張ったヘッドライトで人気を博したC70のモデルチェンジ版。従来の単気筒250㏄・ドリームME型から大幅なポテンシャルアップを果たしており、最高出力は14psから18psに、最高車速も100km/hから130km/hというスペックを実現した。これは海外でも通用すると言われたホンダのエポックモデルで、さらにレーサーであるCR71は1キャブ→2キャブとし、カムチェーン駆動をカムギアトレーン化するなどして18ps/7400rpm→24ps/8800rpmにチューンされている。

そして、CR71と同等のスペックを引っ提げて1960年11月に発売されたのが、ドリームCB72スーパースポーツとなる。CBの名を冠するモデルとしては2例目となる新たなスーパースポーツマシンは、そのネーミングに相応しい内容を与えれた。エンジンは、C72(C71の改良版)のSOHCをベースに24ps/9000rpmまでチューンナップ。C70~72は鋼板プレスフレームだったものをCR71と同様のパイプバックボーンタイプとし、軽量と高剛性を狙っている。これは、1959年に浅間のレースで優勝したCR71と同等以上のエンジンとフレームを装備した市販車と言えるもので、「トップで70km/h以下では走れません」のコピーに代表されるように、かなり過激なメッセージを掲げて登場すると、世界中で人気を博し、ホンダも欧米のメーカーから一目置かれるようになった。

【HONDA DREAM CB72 SUPER SPORT 1960年11月】ワークス直系の市販レーサーCR71のポテンシャルを受け継いだスポーツモデル。専用設計となるバックボーンタイプのパイプフレームをはじめ、当時の最高技術が惜しげもなく投入され、スポーツ派ライダーの圧倒的な支持を得た。■空冷4ストローク2気筒OHC 247cc 24ps/9000rpm 車重153㎏ 4段変速 2キャブレター

メーターステーはトップブリッジと一体。スピードメーターとタコメーターの針は両側から逆方向に回転させるというユニークな配置となる。

エンジンは、C72に対して出力向上をはかるために、シングルキャブレターからツインキャブレター仕様に変更した。限定生産の市販レーサーCR71での経験をもとにバルブタイミングを変更し、吸・排気系のセッティングの見直しを行っている。

【HONDA DREAM C72 1960年4月】CB72のベースとなったモデル。C70/71の改良版でクランクまわりの剛性アップと潤滑系がドライサンプ→ウェットサンプに変更された。■空冷4ストローク2気筒OHC 247cc 20ps/8000rpm 4段変速

【HONDA DREAM C70 1957年10月】ホンダ初の2気筒エンジンのC70は1958年8月、第1回全日本モーターサイクル・クラブマンレース(浅間高原)で優勝。エンジンはホンダの基礎を確立したとも言われる。C71はセルスターターを装備した初の量産モデルで1958年4月に発売。■空冷4ストローク2気筒OHC 247cc 28ps/7400rpm 4段変速

※次回のホンダコレクションホール開館20周年記念 市販製品特別走行は9月24日に実施される。
取材協力:本田技研工業/ホンダモーターサイクルジャパン

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018