第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

“さすがランボ様や♪” ランボルギーニ魅惑の製造工場に潜入【目からウロコが連発!!】

ランボルギーニ ウルス

世界屈指の高級車/スーパーカーブランド「ランボルギーニ」ができるまでの知られざる裏側に、多くのクルマ好きが「わぁぁ…!」となる動画が公開。欲しくてもめったなことでは買えない魅惑のスーパーカー。そして、なぜそんなに高額なのか…が分かって、ちょっとだけ「私、ランボオーナー♪」と錯覚する気分になれちゃいます。


ねとらぼ交通課


ランボルギーニの魅力は、一瞬でヒトの“目をハート”にさせる美しいデザインと走行性能。デザイナーが“ランボルギーニ”たる美麗なカタチのコンセプトデザインを描く姿や、クレイモデラーがそれを忠実に具現化していく造形シーンからして圧倒されます。アイデアやイメージを具体化し、理想のクルマを求めて試行錯誤し、とても長い時間をかけてあの美しいデザインになるのです。こ、これだけでカッコイイ…。

まるで実物…! ランボルギーニのデザイン思案とクレイモデル造形現場の様子。

製造の現場も驚きの連続です。ランボルギーニの“猛牛”エンブレムがデザインされたユニフォームでビシッとキメた職人さんたちによる手作業で、1台のマシンが造られていきます。

ランボルギーニは新車価格で1台ウン千万円のクルマ。そんなクルマたちがゆっくりとラインを流れています。それにしても何でしょうこの余裕は……。そしてふと気が付く、「これらぜんぶでなんおくまんえんになるんだろう…(笑)」

「ウラカン」の生産ライン
エンジンとフレームをがっちゃんこと組み合わせ!


続いて内装も、これまた高額なレザーを惜しみなく使って縫い合わせてビシッと高級。そして、メカメカしさが突き抜ける自慢のエンジンの組み立てなどもやっぱり圧巻。ほぼ手仕事で各工程が進みます。

内装用の生地を製造。

まるで芸術品を扱うかような検査工程の丁寧なチェック。レザーをキーケースやカードケースに生まれ変わらせるリサイクルの取り組み。軽く強靱な車体にする重要構成部品であるカーボン部材の開発風景もスゴい。「へぇぇ~」しか言葉が出ません。

そんな手をかけまくったパーツひとつずつが集合して組み合わさり、ピカピカの高級スーパーカーが完成します。

人気のスーパーSUV「ウルス」が完成! 芸術品を扱うかように丁寧作業の検査工程。

動画には「なんて素晴らしい車でしょう」「私の退職後の目標のひとつは、ランボルギーニを所有することです」「高くて買えない」などのコメントが多く寄せられていました。皆さんも夢の1台にいかがですか?(カナブンさん)

動画はこちら↓

※画像はYouTubeチャンネル『FRAME』より。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。



関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース