第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

軽クロスオーバー・ ダイハツ タフトに、タフなイメージの特別仕様追加【ボディカラーも3色追加】

ダイハツは、軽クロスオーバー「タフト」に新たな特別仕様車「ダーククロムベンチャー」を追加し、併せてベース車にも一部商品改良を加え、2022年9月21日より全国で一斉に発売。価格は135万3000円〜180万4000円。

●文:月刊自家用車編集部

タフト ダーククロム ベンチャー:よりタフな印象の特別仕様

2020年に発売した「タフト」は、“Tough & Almighty Fun Tool ”「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」がコンセプト。今回、2021年5月に発売し、好評を得ている特別仕様車「クロム ベンチャー」に加え、よりタフさを演出するダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリック加飾を施した「ダーククロム ベンチャー」を新たに設定。また、好評のアースカラーに新たなセラミックグリーンメタリックと力強さを感じるクロムグレーメタリック、レーザーブルークリスタルシャインの3色をベース車も含め追加設定した。他にも、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオをオプションとして設定するなど利便性も向上さた。また、エンジン制御の最適化により燃費性能を向上させ、全型式で“2020年度燃費基準/2030年度燃費基準75%”を達成し、環境性能割およびエコカー減税の適合範囲を拡大している。

ダーククロムベンチャーの主な特別装備

ベースグレードG/Gターボ
エクステリア・フードガーニッシュ&バックドアガーニッシュ【ダークブラックメッキ】
・ガンメタリックアンダーガーニッシュ(フロント/リヤ)
・カラードドアミラー【ブラックマイカメタリック塗装】
・ドアアウターハンドル【ブラックマイカメタリック塗装】
・15インチアルミホイール【ガンメタリック塗装】※ベース車Gターボにも標準装備
インテリア・フロントセパレートシート【シルバーステッチ】
・インテリアアクセント【ダークシルバー加飾】

タフト:主な一部改良内容

■ボディカラーのラインナップを変更&3色追加

・セラミックグリーンメタリック
・クロムグレーメタリック
・レーザーブルークリスタルシャイン(メーカーオプション)

■9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ(メーカーオプション)

(音声認識機能追加/ワイヤレスApple CarPlay対応/HDMIソケット追加/ダイハツコネクト対応)

■燃費性能変更

・全型式で2020年度燃費基準達成
・全型式で2030年度燃費基準75%達成

メーカー希望小売価格

※5Natural Aspiration(自然吸気エンジン)
※6Turbo Charger(ターボエンジン)

※本記事は“月刊自家用車”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース