老舗兄弟誌『月刊自家用車』厳選クルマニュース

人気の4輪モデル 購入最前線:ホンダ ヴェゼル〈YMクルマ課〉

●文:月刊自家用車編集部(ハラ)

ホンダ ヴェゼル 車両情報

1.5Lガソリン車(118PS/14.5kg・m、WLTC総合モード燃費:15.6〜17.0km/L)
G 227万9200円(FF)249万9200円(4WD)

1.5Lハイブリッド車(106PS/13.0kg・m【エンジン】+96kW/253Nm【モーター】、WLTC総合モード燃費:22.0〜25.0km/L)
e:HEV X 265万8700円(FF)287万8700円(4WD)
e:HEV Z 289万8500円(FF)311万8500円(4WD)
e:HEV PLaY 329万8900円(FF)

最新購入情報
車両本体目標値引き額:23万円
納期の目安:2~8か月
リセール予想:B

【パワートレーン選び】ガソリン車はやや力不足。ハイブリッド車を中心に検討したい

広々としたキャビンを売りとするコンパクトカーのフィットをベースに開発されたSUVだけに、優れた美点を受け継いでいることも強み。特に広大かつ便利に使えるキャビン空間は、コンパクトSUVの中では屈指の存在だ。

パワートレーンはガソリン車とハイブリッド車を用意。共に1.5Lエンジンを搭載するが、e:HEVによるパワーアシストが加わわるハイブリッド車の方が、幅広い速度域で力強く、1ランク上の走りが楽しめる。さらに一般的なハイブリッド車は、高速走行などで負荷が高まると燃費も落ち込む傾向があるが、ヴェゼルのハイブリッド車は高速走行時はモーターからエンジン駆動に切り替わるため、ハイブリッド車の泣き所である高速走行時の燃費の落ち込みを解消している。

万能タイプといえるハイブリッド車に比べると、ガソリン車はやや非力。街中はともかく、高速道路などでは物足りなく感じるシーンも多い。価格差は40万円ほどあるが、ハイブリッド車をベースに選ぶことをオススメしたい。

ホンダ ヴェゼル

e:HEVは、オデッセイやCR-Vなどにも採用されている上級ハイブリッド。余力十分の走りはヴェゼルの大きな武器になっている。 [写真タップで拡大]

ホンダ ヴェゼル

ガソリン車は先代よりも低中速域のトルク特性が強化されているが、ハイブリッド車との違いは明白。 [写真タップで拡大]

【グレード選び】ハイブリッドの主力を担う、e:HEV Xをオススメしたいが、長めの納期がネック

現行ヴェゼルは、上級ハイブリッド(e:HEV)への変更や装備機能が強化されたことで魅力が高まっているが、その影響で価格は30万円ほど高くなっている。クルマに注がれている内容を考えれば妥当な価格設定だが、手頃な価格と優れた実用性でヴェゼルを選んでいたユーザーにとっては、少々割高にも感じてしまうだろう。

先代からの実用キャラを求めるならば、一通りの装備が揃っている「e:HEV X」で十分。ナビ機能はOPになるが、多くのユーザーが求めるホンダセンシングはフル機能で備わっている。

e:HEV Xのひとつ上となる「e:HEV Z」は、内装意匠が少し豪華となるほか、ハンズフリーアクセスパワーテールゲートやブラインドスポットインフォーメーションなどの利便機能が標準となる。Xとの価格差は20万円強となるが、価格差に見合ったアップデート内容といえる。

最上級グレードの「e:HEV PLaY」は、純正ナビ(Honda CONNECTディスプレー)/パノラマルーフ/専用内外装&2トーンカラーが標準装備。ミドルSUVにも匹敵する豪華な内容を持つ。現行ヴェゼルをとことん楽しみたいユーザーにオススメのグレードだが、現在は部品供給の問題で受注が停止しているのがネックだ。

唯一のガソリン車となる「G」は、装備機能の内容に関しては「e:HEV X」とほぼ同等といっていい。パワートレーンにこだわりがなく、ヴェゼルの優れた実用性を求めるユーザーならば、選んでも後悔することはないだろう。

ちなみにガソリン車とハイブリッド車で納期も異なり、ヴェゼルのホームページによると、ガソリン車の納期は長くても4か月程度とアナウンスされているに対して、ハイブリッド車は半年以上となっている。本誌独自に実施している購入者からの聞き取り取材でもハイブリッド車の納期はかなり長くなっており、ディーラーから8か月は見てほしいという報告例も寄せられている。

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼル

リヤを絞り込んだクーペライクなスタイリング。やや腰高のベルトラインもデザインの特徴になっている。 [写真タップで拡大]

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼル

大人4名が無理なく座れるシートやホンダ独自の低床フラット構造がもたらす天地のゆとり、多彩な使い分けが可能なシートアレンジ機能など、その優れた美点の多くを受け継いでいる。 [写真タップで拡大]

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼル

荷室のアレンジ性能はクラストップレベル。日常生活で便利に使える、優れた実用性も先代からしっかりと継承されている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“月刊自家用車”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(月刊自家用車WEB)

最新の記事


前のページ:記事本文に戻る
WEBヤングマシン|新車バイクニュース