TSR-CHRONICLE-2006【鈴鹿8耐初優勝】

  • BRAND POST[PR]: TSR

TSR(TECHNICAL SPORTS RACING)の歴史を紐解き、その時代時代のエピソードを紹介していく「TSR Chronicle」。TSRがレースに向き合ってきた歴史、そのパッションを、DNAのようにつながるその階段を上り下りしてみませんか?

●BRAND POST提供:TSR/TECHNICAL SPORTS RACING

XX-Formula最後の年にチーム初優勝! Hondaの10連覇を達成 !!

他に先駆けて世界グランプリ(ロードレース世界選手権)にオリジナルマシンを投入していたTSRは、当時『打倒HRC! 打倒ワークス!』を目標に掲げ、改造範囲の広いXX-Formula仕様のオリジナルマシン「AC-90M」(ベース:Honda CBR954RR)で鈴鹿8耐にも参戦を続けていた。

2003年からは、F.C.C. TSR ZIP-FM778として伊藤真一・辻村 猛の強力ペアで連続ポールポジション獲得を成し遂げるなど速さを見せつけていた。しかし、初年度こそ3位表彰台(2003年)を獲得したが、その後2年間は結果を残せていなかった。2004年にWSBKに合わせる形でフルスケール4気筒1,000ccへとモデルチェンジしたCBR1000RR(SC57)登場後も目的達成に向け、改造範囲が広いXX-Formula仕様でチャレンジを続けた。

2003年はCBR954RRベースのオリジナルマシン「AC92M」(XX-Formula仕様)でチャレンジ

2003年はCBR954RRベースのオリジナルマシン「AC92M」(XX-Formula仕様)でチャレンジ

2006年、Hondaの10連覇をTSRが達成するためには打倒HRCあるのみ!

2006年、Hondaの10連覇をTSRが達成するためには打倒HRCあるのみ!

4メーカーファクトリーチームがJSB1000仕様で鈴鹿8耐参戦することを申し合わせ、そしてXX-Formulaで参戦できる最後の年となった2006年鈴鹿8耐。この年がそれを達成する最大のチャンスだった。2003年から3年連続で続けているポールポジションを2006年も達成し、4年連続へと記録を延ばした。決勝レースを前にチームの初勝利、Hondaの鈴鹿8耐10連覇は俺たちがやる!という意志を表明していた。

迎えた決勝レース、スタートライダーを務めた伊藤真一がレース序盤に奪ったトップを辻村 猛に手渡してから一度もその座を譲ることなく、#778F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team(当時)は完璧な内容で鈴鹿8耐初勝利を飾った。TSRとしては参戦19年目の悲願達成となった。

完璧なレースを演出したライダーたちの交代劇

完璧なレースを演出したライダーたちの交代劇

最後は伊藤真一から引き継いだ辻村 猛がフィニッシュし、ウイニングラン!

最後は伊藤真一から引き継いだ辻村 猛がフィニッシュし、ウイニングラン!

鈴鹿8耐初優勝を達成したチームは、2011年2012年と鈴鹿8耐を連覇。2016年からはFIM EWC 世界耐久選手権シリーズにレギュラー参戦していくのである。(文中敬称略)

フィニッシュ後チーフメカとがっちり握手を交わす

フィニッシュ後チーフメカとがっちり握手を交わす

当時でもギリギリ許された(それでもかなり際どい…)ゼッケンナンバー

当時でもギリギリ許された(それでもかなり際どい…)ゼッケンナンバー

YouTube TSR/TECHNICAL SPORTS RACING


※本記事はTSR/TECHNICAL SPORTS RACINGが提供したもので、一部プロモーション要素を含みます。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。