【ホーク11】ロケットカウルは、好きですか? 【ホンダの道は一日にして成らず 第34回/HAWK 11(2022) 前編】

  • 2022/09/20
  • 【BRAND POST】HondaGO バイクラボ

まさかHondaがこのタイミングでロケットカウルのバイクを出してくるとは……しかもリッタークラスのスポーツバイクとして。どう考えても『ひとクセある』としか思えないHAWK 11(ホーク11)。なので、じっくり乗ってみた!

●BRAND POST提供:HondaGO バイクラボ

HAWK 11(ホーク11)は『味わい系』のバイクじゃない?

2022年3月の大阪モータサイクルショーで正式発表となり、先ごろには報道関係者向けの試乗会も既に行われたホーク11(HAWK 11)。

ぶっちゃけた話ですが、私(北岡)としては、けっこう驚きました。まさかHondaがロケットカウルのバイクを出してくるとは……しかもアフリカツイン(CRF1100L Africa Twin)シリーズに搭載されている1082cc直列2気筒エンジンを搭載して、です。

『おぉ、ネオクラシック系……なのか?』

第一印象として正直に言うなら、近年のムーブメントのひとつであるネオクラシックの潮流に乗ったバイクかと思いました。だけど、なんか違う。どうにも違和感がある。

ちなみに、こういったトラディショナルな趣を感じさせるバイクっていうのは、多くの場合が『雰囲気を楽しむ』タイプが多くて、本気で『走り』に注力しているバイクは少ない、というのが個人的な感覚です。けれどホーク11は堂々と……

『THE WINDING SPORTS』

と言い切ってきた。

ホンダが、メーカーとしてそう主張してきたんです。

え? スポーツ? ガチなのこれ?

※本記事はHondaGO バイクラボが提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース