〈クシタニレース通信〉モト第7戦カタロニアGP/モト2クラスに参戦の小椋藍選手、6番手に迫るも転倒リタイア

  • 2021/07/23
  • 【BRAND POST】クシタニ
motogp2021、moto2クラスに参戦するゼッケン35 ソムキャット・チャントラ選手
堅実な走りで自己ベストリザルトタイとなる9位フィニッシュを果たしたチャントラ選手

6月6日、MotoGP™第7戦カタロニアGPがスペインのバルセロナ・カタロニア・サーキットで行われました。クシタニがサポートするMoto2™クラスのライダー、ソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は9位、小椋藍選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は転倒リタイア。Moto3™クラスのライダー、國井勇輝選手(Honda Team Asia)は12位、アンディ・ファリド・イズディハール選手(Honda Team Asia)は17位、ワイルドカード参戦した松山拓磨選手(Honda Team Asia)は18位でレースを終えました。

今大会は、第5戦フランスGPでの転倒で鎖骨骨折を負った國井選手が復帰を果たし、ワイルドカードとして松山選手が参戦。また、バルセロナ・カタロニア・サーキットは2021年1月に10コーナーの改修工事が行われており、ライダーたちは、新たなレイアウトとなったサーキットでレースに挑みました。

motogp2021 moto2クラスに昇格した小椋藍選手は上位集団を走り存在感を見せつける
トップから約3.6秒差の7番手を走行中の残り3周で惜しくも転倒した小椋選手

■Moto2™クラス(22周)

Moto2™クラスの決勝レースを、小椋選手は3列目7番グリッド、チャントラ選手は3列目9番グリッドからスタートしました。レース序盤、小椋選手は8番手、チャントラ選手は2周目に後退して11番手から14番手付近を走行します。

その後、小椋選手は7番手にポジションを上げて前を走る6番手のライダーを追っていました。小椋選手のペースは安定しており、かつ上位を走るライダーとそん色ないラップタイムです。しかし、レース終盤の残り3周、4コーナーでコースアウトして転倒。小椋選手はリタイアとなりました。

一方、チャントラ選手は一時14番手にポジションを落としましたが、レース中盤からは12番手を走行。終盤に前を走るライダーの転倒が相次いだことでポジションを上げ、自己ベストタイの9位でフィニッシュしました。

motogp 2021 moto2クラスにイデミツホンダチームアジアから参戦するタイ人ライダー ソムキャット・チャントラ選手
[写真タップで拡大]

ソムキアット・チャントラ 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「9位というリザルトにはとても満足していますし、週末を通じてしっかりと走れたと思います。トップグループが近づいて来ていて、バイクのフィーリングもとても良いです。私達は、成長を続けていく道を見つけたのだと思います」

motogp 2021 moto2クラスに出光ホンダチームアジアから参戦する日本人ライダー 小椋藍選手
[写真タップで拡大]

小椋藍 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「レース序盤、私は少しつまずいてしまったのですが、中盤から終盤にかけて、前を走るライダー達とのギャップを一定に保てました。これは、レース序盤の自分の走りを改善しなくてはならないことを意味します。今回、トップを走るライダー達とのタイム差を減らすことができたのですが、6番手のポジションを争っていた時、バイクを止めきることができず、グラベルに出てしまい転倒してしまいました。自分の犯したミスにとてもがっかりしています。でも、私は追い抜く機会があるのなら、ためらわずトライします。今回はうまくいきませんでしたが、私はこの失敗を乗り越えていきます」

テキスト:KUSHITANI INTERACTIVE
写真:Idemitsu Honda Team Asia / Honda Team Asia

Copyright © KUSHITANI INTERACTIVE. All rights reserved.
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報