サービス利用時のデータ収集・分析へ

バッテリー交換機「Gachacoステーション」が東京と大阪にオープン! バッテリーシェアリングの実証事業開始


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:Gachaco

Gachacoは、一般社団法人次世代自動車振興センター「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金(電動二輪交換式バッテリー整備・運用モデル構築実証事業)」の一環として、本田技研工業(東京都港区南青山)において、Gachacoステーション(※)を11月30日にオープンしたと発表した。

Honda Dream豊中(大阪府豊中市)においても、関西地区初となるGachacoステーションを同日オープン。東京・大阪の2地域で実証事業を開始する。

この実証事業では、電動二輪車向けバッテリーシェアリングサービス利用時のデータを収集・分析することで、ステーションの最適配置を目的とするガイドラインを策定していく。

また本実証を通じ、街中でのサービス利用環境を整備し、利用者ニーズや利用実績等に関する調査・分析を行い、最適な場所へのステーション配置を実現することで、電動二輪車の課題である充電待ち時間の短縮、航続距離の延長といった解決に取り組むとした。

具体的な検証内容のイメージ。 [写真タップで拡大]

以上の取り組みより、電動二輪車のバッテリー残量が少なくなった時などユーザーがバッテリーを交換したいタイミングでのサービス利用が可能となり、利用者にとって快適なバッテリー交換のインフラを構築することで、脱炭素・循環型社会の実現へ貢献していく。

※Gachacoステーション:電動二輪車のバッテリーを街中で自由に交換できるステーション

バッテリー交換機設置場所

 ホンダ青山ビル
 住所:東京都港区南青山2丁目1-1
 設置場所:1F 地下スロープ入口の手前
 利用可能時間:10時~17時(Honda Welcome Plaza AOYAMAの営業時間に準じる)

 Honda Dream豊中
 住所:大阪府豊中市曽根西町2丁目19-19
 設置場所:1F 駐車場脇
 利用可能時間:24時間利用可能

・実証期間:2022年11月30日~2023年2月28日
・設置場所:東京都(城南エリアおよびその周辺) 大阪府(北摂エリアおよびその周辺)

今後、上記エリアを中心にGachacoステーションを順次オープンしていくという。

左はホンダ青山ビル、右はHonda Dream豊中。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース