第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

400カタナ&YZR500を再現! ニーゴーでも楽しめるレトロフィット2選

現行バイクを旧車風にカスタムできる外装キットが近頃増えている。再現度は抜群に高く、リアル旧車より断然リーズナブルなのもうれしい。旧車、ネオクラとも一味違う、第三の選択肢だ! 本記事で取り上げるのは、GSX250RをベースにしたMFDのカタナ風カスタムキットと、アメリカのビルダーが手掛けるYZF-R25/R3用のYZR500を再現するレトロ外装キットだ。


●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:高島秀吉 長谷川徹 山内潤也 ●外部リンク:MFDモトフィールドドッカーズ

400カタナのイメージを再現!:MFD GSX250R KATANA

GSX250Rをカタナ風に変身できるカスタムキットが登場。スズキ車が得意なバイク販売店MFDによる製品で、意外にもGSX250Rとフィットしている。カウルキットのみ(FRP黒ゲル仕様)なら22万8000円。ノーマルカラーのコンプリート車も各店舗で販売され、オプションで好きなカラーに変更できる。

MFD GSX250R KATANA

【MFD GSX250R KATANA】 [写真タップで拡大]

MFD GSX250R KATANA

【なかなかの融合率】アッパーカウル+ヘッドライトなどがセットで、メーターの位置もステーで移動。シートカウルはノーマルを流用する。 [写真タップで拡大]

MFD GSX250R KATANA

【ハンドル位置はSTDのまま】ハンドルは変更なく、STDと同じライポジなので安心。スクリーンはライトスモークかスモークが選べる。 [写真タップで拡大]

MFD 650カタナ

【MFD 650カタナ:SV650/Xベースも】現行SV650系に装着できるカタナカウルキットも用意。コンプリート車なら100万3200円~というお手頃価格だ。 [写真タップで拡大]

気分はキング・ケニー!:GG Retrofiz ROKET STREET

米国のビルダー「GG Retrofiz」が、YZF-R25/R3用のレトロ外装キットを発売中だ。往年のロードレーサーを意識した曲面フォルムを巧みに再現している。外装はFRP製でカウル+スクリーン/タンクカバー/シートカウル/各種ブラケットがセット。セパレートハンドルとヘッドライトがあれば、ほぼボルトオンで装着できるのだから驚きだ。写真のマシンは東京東久留米市の「ナインゲート」が製作。

GG Retrofiz ROKET STREET

【GG Retrofiz ROKET STREET】 [写真タップで拡大]

GG Retrofiz ROKET STREET

コクピットまでスクリーンが覆うロケットカウル。サポートステーもキットに同梱。 [写真タップで拡大]

GG Retrofiz ROKET STREET

別売の7インチ丸眼ライトが装着可能。本作ではハーレー用のカスタムパーツでLED化した。 [写真タップで拡大]

GG Retrofiz ROKET STREET

シートカウルはレーシーなシングル仕様。シート&ベースは純正を流用できる。 [写真タップで拡大]

GG Retrofiz ROKET STREET

【実車のクオリティは圧倒的】まるで市販車と見間違うほど完成度は高く、普段使いできるほど走りもイイ。これはカウルの出来はもとより、塗装やセットアップを手掛けたナインゲートの力量も大きい。未塗装の外装キットは約26万円、写真と同じ状態にするには車両代抜きで約130万円。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZR500

【カラーモチーフは’78 YZR500】’78年からWGP500で3連覇を果たしたワークスYZR500が元ネタ。ケニー・ロバーツの走りと黄色×黒のインターカラーは伝説だ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース