第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ヤンマシチームも健闘! 一大草レース”もて耐”〈もてぎ7時間耐久ロードレース〉

25回目という節目を迎えた”もて耐”。’22年も多くのチームが参戦し、思い思いのバイクでMotoGPの舞台にもなる、もてぎのロードコースで耐久レースを楽しんだ。我らヤングマシン代表の#135 B.S.C. with YoungMachine135も総合で上位を走り、クラス優勝を果たす大活躍を見せたぞ!


●文/写真:ヤングマシン編集部(佐藤寿宏)



’21年のリベンジを果たしたベスラレーシング

今年の”もて耐”は史上初めて9月開催となり、例年に比べると暑さは和らいだものの、日差しは強く、快晴の中で81チームが7時間先のチェッカーフラッグを目指した。

今年もCBR250RRのエントリーが一番多く、中でも#51 ベスラレーシングTEC2&YSSが燃費と速さをハイレベルで両立しており、レース序盤こそ後方に甘んじていたが、自分たちのペースを守り1時間10分が経過したところでトップに立つ。

ピットインのタイミングで順位の入れかわりはあったものの、レース終盤は2位以下を大きくリード。残り21分でファステストラップを記録する速さも見せつけ、2位の#74 RankUpRacingを3周も引き離す圧勝で25回目のもて耐を制した。

もてぎ7時間耐久ロードレース|#51 ベスラレーシング

【燃費も速さも持つ優勝チーム】昨年は僅差で2位となっただけに、今年は念願のリベンジを果たした#51 ベスラレーシング。燃費を突き詰め、ライダーそれぞれが速いラップタイムを刻んだ。セーフティカーが入りながら169周を記録した。 [写真タップで拡大]

もてぎ7時間耐久ロードレース|#47 PROGRESSガレージハラダ姫路

NinjaZX-25Rで最上位となる7位でゴールした#47 PROGRESSガレージハラダ姫路。4気筒の甲高いエキゾーストノートは心地よかったが、燃費は厳しく、11回ピットを記録。新設されたZXクラスでは優勝を飾っている。 [写真タップで拡大]

総合でも表彰台まであと一歩 ヤングマシンチームも頑張った!

今年もヤングマシン代表として参戦した#135B.S.C. with YoungMachine135は、残り30分というところまで総合で3番手につけていたが、元MotoGPライダーの宇川徹を擁す#67 ライディングスポーツ&ファイヤー67にかわされ4位に。しかしBMW G310クラスでは見事に優勝を飾った。

「ミスのないよう、ピット作業は2分2秒で出るようにしていました。来年はもう少し燃費を煮詰めて総合で表彰台に上がりたいですね」。武藤氏が主催する10月30日開催のMutoGP G310トロフィーも多くのエントリーを集めており、こちらも盛り上がりそうだ。

もてぎ7時間耐久ロードレース|#135 B.S.C. with YoungMachine135

ヤングマシンのロゴがタンクとスクリーンに映える#135 B.S.C. with YoungMachine135のBMWG310R。 [写真タップで拡大]

もてぎ7時間耐久ロードレース|#135 B.S.C. with YoungMachine135

武藤昇(左)氏率いる#135 B.S.C. with YoungMachine135は、もてぎと鈴鹿のチャンピオンが組み、2分20秒台というG310ではハイペースで周回。総合4位、見事クラス優勝を果たした。 [写真タップで拡大]

もてぎ7時間耐久ロードレース|BMW G310R

【今年もBMW勢が大量出場!】今年の”もて耐”にも昨年に続き17台がエントリー(3耐含む)したBMW G310R。結果でも昨年に続き総合4位に食い込む速さを見せた [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース