第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ナンカイ ライディングモードヒップバッグBA510 試用インプレ【機能が満載で使い勝手良し】

ナンカイ ライディングモードヒップバッグBA510

南海部品から発売された新型ヒップバッグを試してみた。容量は約7Lと大きめで、ペットボトル用のポケットやコインホルダー、ホールディングコードなど機能満載。スマートに日帰りツーリングしたい人は要チェックだ。


●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:長谷川徹 ●外部リンク:南海部品

[◯] 使って分かる便利機能。サポート感も文句なし

このヒップバッグは約7Lと大容量なので、荷重を分散するためにウエストベルトが幅広なうえ、体との接触面にはメッシュ&クッション材を使用。腰に巻き付けたり、斜め掛けでのフィット感は良好であり、基本設計の優秀さを実感する。付け加えると、リュックタイプのベルトやショルダーベルトまで付属する。

実際に使ってみて、特に感心したのはポケットの多さと、それらがきちんと機能することだ。例えば本体左右にあるペットボトル用のポケット。単に入るだけでなく、その上からホールドするためのベルトが付いているので、体を大きく動かしてもボトルが無駄に揺れないのだ。上面のホールディングコードはグローブなどを一時的に留めておくのに重宝するし、前面のフラップは脱いだインナージャケットを運ぶときに役に立った。コインホルダーは、地方の有料道路を利用する際には必須と言えるものであり、またカラビナはキーをぶらさげておくのに便利だ。

単に荷物を運ぶだけではなく、すぐに使いたいものを取り出せるなど利便性にまで注力したヒップバッグであり、スマートにツーリングしたい人にはピッタリなアイテムだ。

ナンカイ ライディングモードヒップバッグBA510

今やウエストバッグ(ヒップバッグ)のスタンダードな装着方法である斜め掛けにも対応。さらにショルダーベルトやリュックタイプのベルトまで付属している。 [写真タップで拡大]

ナンカイ ライディングモードヒップバッグBA510
ナンカイ ライディングモードヒップバッグBA510

【容量は約7Lと大きめ、使い勝手のいいポケット多数!】メイン室は仕切りのほか、フタの裏面にまでポケットを用意。前面のフラップはグローブなどを一時的にホールドしておくのに重宝する。本体左右にはペットボトル用のポケットを設けるなど、使い勝手は非常にいい。 [写真タップで拡大]

ナンカイ ライディングモードヒップバッグBA510|カラビナ

【カラビナやデイジーチェーンも】ウエストベルトのフラップ部分にはポケットのほかにデイジーチェーンも。さらに本体各部にはDリングが設けられており、拡張性という点でも優れている。 [写真タップで拡大]

ナンカイ ライディングモードヒップバッグBA510|コインホルダー

フロント部のポケット内部にはコインホルダーも。2輪用ETCが普及した今も現金支払いのみの有料道路は存在するので、ありがたい装備と言えるだろう。 [写真タップで拡大]

[△] 気になる点は特になし。レインカバーも付属

ライダーが使うヒップバッグとしてよく考えられており、機能的な不満点は特になし。生地は丈夫そうなので、末長く愛用できるだろう。

[こんな人におすすめ] ヒップバッグの秘めた可能性を最大限に伸ばす

荷物は全てバイクに積載し、ライダーは身軽であるべきと考える私にとって、久しぶりに試用したヒップバッグの便利さと、この製品の使い勝手に感心しきり。メイン室はレインスーツが入るほどに大きく、日帰りツーリングに十分対応。

ライディングモードホルスターバッグ BA509

ヒップバッグと同時にデビューしたホルスターバッグ。長財布を入れるのにちょうどいいサイズ感で、こちらもポケット多数で使い勝手良し。

ライディングモードホルスターバッグ BA509

【ライディングモードホルスターバッグ BA509】●色:黒 赤 ●容量:約2L ●価格:7590円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース