第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

カワサキ新生エリミネーター250降臨か!?【ついにキタッ! レブル対抗馬|YM未来予想】

カワサキ エリミネーター250[イメージCG]

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

軽二輪クラスでトップセールスを続けているホンダのレブル250。この快進撃をストップさせるべく、カワサキがついに動き出す。

その筆頭として進行しているのが、新生エリミネーター250。ニンジャ250系の並列2気筒エンジンをベースに開発が進められていると言われ、そうなると’80年代オリジナル版の再来か! と思う人もいるに違いない。

だが、現行レブル250が’80年代版とはまったく異なるスタイリングで復活したのと同じように、どうやら新エリミネーター250も従来モデルのデザインにはとらわれない様子。クルーザーモデルなのは不変のようだが、レブルのように今どきの若者に受け入れられやすいカジュアルな雰囲気が採り入れられることになりそうだ。

早ければ’22年秋~’23年早々のデビューが期待される。



カワサキ エリミネーター250[イメージCG]

【予想モデル:’23 KAWASAKI ELIMINATOR 250】エリミネーターの名を冠するも往年のワル系イメージではなく、近年のバルカンSのような幅広い層に受け入れられるスタイルになる? ●予想登場時期:’22年末~’23年初頭 ●想定価格帯:60万~70万円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ250|エンジン

【エンジンベースはニンジャ250】新生エリミネーターにはニンジャ250系の水冷並列2気筒が採用される可能性が濃厚。現行ニンジャ250(最高出力37ps)は新排ガス規制未対応だが、兄弟車の400が排ガス規制に適合したため、250も適合した’23がまもなく発表されるはず。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース