航続距離は29kmから32kmへ

ヤバイよヤバイよ! が3km先に? ヤマハ「E-Vino」が新バッテリー搭載&“しまリン”っぽいカラー採用

ヤマハは、原付一種の電動スクーター「E-Vino(イービーノ)」のバッテリー容量をアップするとともに2色の新色を設定し、2022年9月30日に発売すると発表した。

●外部リンク:ヤマハ

優しい空色と白の2つのニューカラー

ヤマハは、同社が一般向けに販売する現行唯一の電動スクーター「E-Vino(イービーノ)」のバッテリー容量をアップし、ニューカラーを採用した2023年モデルを発表した。

バッテリー容量は従来比1.2倍の12.2Ahとなり、1充電あたりの走行距離は29kmから32kmに伸びた。また、ヤマハが“EVらしい”とする新色×2色は、人気漫画「ゆるキャン△」の主人公・しまリンが乗るビーノの車体色をアップデートしたかのようなグラフィックの“シアン×ホワイト”と、パール感のあるボディ色の“ホワイト”だ。また、アシストグリップ、フラッシャーボディ、グリップエンドといったディテールをブラック化して質感を高めている。もちろん電動バイクを表すeマークもアクセントに。

この2023年モデルが人気バラエティ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」にすぐに採用されるのかは不明だが、延びた走行可能距離によって、「ヤバイよヤバイよ!」の声を聞く頻度が少し減ったり……するかどうかは定かではない。

なお、クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金〔CEV補助金〕の受付期間は2022年4月28日~2023年3月1日(必着)で、書類提出のみの手続きで2万6000円の補助金が交付される。詳しくは一般社団法人次世代自動車振興センターを確認してほしい。

YAMAHA E-Vino[2023 model]

主要諸元■全長1675 全幅660 全高1005 軸距1160 シート高715(各mm) 車重68kg(装備)■交流同期電動機 定格出力0.58kW 最高出力1.2kW(1.6ps)/3760rpm 最大トルク7.8Nm(0.80kg-m)/330rpm リチウムイオン電池/ESB6 バッテリー電圧50V 容量12.2Ah(5HR) 充電時間 約3時間■タイヤサイズ前後=90/90-10 ●価格:31万4600円 ●色:青×白、白 ●発売日:2022年9月30日

YAMAHA E-Vino[2023 model]
YAMAHA E-Vino[2023 model]

YAMAHA E-Vino[2023 model]ペールシアンパール2(シアン×ホワイト/新色) [写真タップで拡大]

YAMAHA E-Vino[2023 model]
YAMAHA E-Vino[2023 model]

YAMAHA E-Vino[2023 model]ペールシアンパール2(シアン×ホワイト/新色) [写真タップで拡大]

YAMAHA E-Vino[2023 model]
YAMAHA E-Vino[2023 model]

YAMAHA E-Vino[2023 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト/新色) [写真タップで拡大]

YAMAHA E-Vino[2023 model]
YAMAHA E-Vino[2023 model]

YAMAHA E-Vino[2023 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト/新色) [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース