新型Zもタジタジの大人気

2日間で600人が試乗! カワサキの電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」が試乗会でモテモテだったッ!

先日、市販化が発表されたカワサキの電動3輪ビークル「ノスリス」が、神奈川県横浜市の商業施設・横浜赤レンガ倉庫にて試乗会を開催。関東圏では初の機会とあって注目度は非常に高く、5/21(土)〜22(日)の2日間で600人以上が試乗。2023年の一般市販に向けて高い注目度を感じさせた。

●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:noslisu

カワサキの2輪エンジニアがガチ関与。限定100台は即日完売!

2輪の気軽さと、4輪の安定性や積載力。そのいいとこ取りを狙った新感覚の電動3輪ビークル「ノスリス」は、川崎重工の社内公募制度から生まれたプロジェクト。開発はニンジャH2の車体設計者が主導し、同じくカワサキのテストライダーが操安をまとめるなど、バイク乗りなら身を乗り出したくなるバックボーンを持つのも特徴だ。

電動アシスト仕様とフル電動仕様(ミニカー登録で普通四輪免許が必要)があり、2021年にクラウドファンディングで各50台ずつ限定販売したところ初日に完売と大反響。これを受けて先日、2023年春の一般市販開始がカワサキから発表されたばかりだ。

今回の試乗会は4輪誌「ル・ボラン」主催のカーズミート横浜2022というイベント内で開催されたもの。関東圏での試乗会は初だったが、昨今の電動モビリティへの関心の高さを示すように盛況で、人の往来が絶えない赤レンガ倉庫という場所も手伝って、2日間でなんと約600人(しかも初日は降雨で中断あり)が試乗するという賑わいを見せた。

試乗会の様子を見ていると、前2輪がリーンする独特な動きに思わず立ち止まり…という人がほどんどで、直感的に「転びにくそう」と感じるのか妙齢の女性が積極的に話を聞く様子も。フル電動仕様を試乗した人の多くは「思ったよりも速い!」とその印象を述べていた。

電動キックボードに代表される、近距離移動用の電動モビリティが注目を集める昨今、ノスリスはカワサキにとって大きな可能性を秘めた商品と言える。子供の送迎や宅配需要も想定しているそうだから、今後はバージョン展開にも期待したいところ。販売方法や価格など、今後発表される詳細情報にも期待したい。

カワサキ|ノスリス|試乗会
カワサキ|ノスリス|試乗会

観光スポットらしく家族連れや女性が興味を示す様子も。人だかりが途絶えず、説明の方々も少々お疲れ気味…。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ノスリス|試乗会
カワサキ|ノスリス|試乗会

仕切られた試乗コースでは、電動アシスト版とフル電動版の両方が試乗できた。試乗者の印象はおしなべてポジティブだったようだ。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ノスリス|電動アシスト

電動アシスト仕様のノスリス。ある程度以上はバンクしないストッパーや、自立状態をキープできるロック機構も持つ。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ノスリス|フル電動版

こちらはフル電動仕様。ミニカー扱いとなるため普通四輪免許が必要で、走行は車道に限定。車両法規に沿って前2輪の幅は電動アシスト版より拡幅される。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ノスリス|
カワサキ|ノスリス|

シンプルかつ軽量な前2輪構造。上下2本のアームが左右輪を懸架し、バンクすると前輪も傾き、ハンドルを切れば舵角も発生。ハの字型のバネはバンクした車体を直立に戻すためのもので、サスペンション機能はない。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ノスリス|
カワサキ|ノスリス|

雪道の走破性にソバの出前適性などなど…既に様々なテストも行われている模様です。 [写真タップで拡大]

動画で3輪が傾く様子をチェック!


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース