ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

ハンバーグ師匠、ついにバイク買う。350万円のCB1100を即決! 「見た瞬間ときめいた」

お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤さんが自身のYouTubeチャンネル『ハンバーグ師匠チャンネル』にて、”運命のバイク”を見つけて、即購入してしまった様子を披露しました。わぁぁ、ついに買っちゃった!

ねとらぼ交通課

ハンバーグ師匠は、’21年12月に行われたカスタムカー/バイクのイベント「横浜ホットロッドカスタムショー2021」で見たホンダCB1100EXベースのカスタムビルドバイクに一目惚れ。あのとき見たバイクの美しさとセンスが頭から離れず、カスタムビルダーである「Wedge motorcycle」の実店舗に直撃してしまいました。

CB1100は、ホンダ創業者・本田宗一郎氏が「こんなバケモノ、誰が乗るんだ?」と言い放ったという伝説が残る名車「CB750FOUR」(関連記事)から継承し、現行モデルとしては唯一無二であった空冷4気筒エンジンを搭載するヘリテイジスタイルの大型バイクです。

しかしつい先日、’21年10月に「ファイナルエディション」の投入とともに惜しまれながら新車受注を終了(関連記事)。同じく’21年に生産を終了したヤマハSR400(関連記事)とともに、空冷4発のCBも”新車ではもう買えない”伝説になりつつあります。

〈参考〉生産終了となった空冷4気筒エンジンの名車「CB1100」。写真は最終モデルのCB1100EXファイナルエディション。 [写真タップで拡大]

師匠が「見た瞬間ときめいた」というバイクは、その魅力を別方向でも高めてかっこよくしていく、スゴ腕カスタムビルダーによるカスタムマシンでした。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

「決めました!」「これから最高のバイクを焼き上げます!」

ハーレーSLP号は残しておきつつも、”目立ちすぎない、昼間でも気軽に乗れるバイク”を求めて、ハーレー(関連記事)やドゥカティ(関連記事)、トライアンフ(関連記事)などをいろいろ試乗しつつ、長らく探し続けていたハンバーグ師匠。次のバイクがついに決まりました!

「買うってことですか?」(スタッフさん)

「買います! ひと目惚れしたCBでいきたいと思います」

おぉぉ~!! 気になるお値段は、カスタム費込みで約350万円から。カスタムの仕様やこだわりは人それぞれ。ハーレーSLP号を見てもバイクには相当のこだわりを込めまくるハンバーグ師匠だけに、唯一無二/自分だけの仕様となれば、さらに金額は上がっていくかもしれません。

[写真タップで拡大]

ファンからも「フルカスタムの車両と考えたらちょうど良い金額ですね!」「CB完成楽しみですねぇ~」「師匠おめでとうございます!」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

ホーム黒いボディ×5色シートが鮮烈! ドゥカティが限定車「Xディアベル ネラ(XDiavel Nera)」を発表
WEBヤングマシン|新車バイクニュース