第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ローライダーSと、ST系×3車

ハーレーダビッドソン2022年モデル追加発表! 「ミルウォーキーエイト117」搭載のFXRTオマージュほか

ハーレーダビッドソンは2022年モデル×8車を発表し、本日2022年1月27日より全国の正規ディーラーで予約販売を開始した。いずれもハーレー最大排気量の1923ccを誇る「ミルウォーキーエイト117(Milwaukee-Eight 117)」を搭載したファクトリーカスタムだ。本記事ではCVO×4車を除くローライダーS、ローライダーST、ストリートグライドST、ロードグライドSTを紹介したい。


●外部リンク: HARLEY-DAVIDSON

まずはローライダー×2車!

新たにクルーザーとカテゴライズされることになったファミリーには、カリフォルニアの「トールバイク」ムーブメントに根ざした次世代のパフォーマンス・クルーザー、ローライダー系の2モデルが登場した。

かつてはリヤ2本ショックのダイナ系にラインナップされていた傑作「ロードライダー」の名を継ぎ、2020年モデルでソフテイル系の特別仕様としてリボーンしたのがローライダーSだ。復活時には114(1868cc)エンジンを搭載していたが、2022年モデルでは1923ccの「ミルウォーキーエイト117(Milwaukee-Eight 117)」を搭載してアップデート。トルクは約5%向上したほか、ハンドルバーにマウントされたアナログタコメーターとデジタルスピードメーターを新たに装備し、視認性を考慮した配置とした。また、燃料タンク上部にはバッジを配した薄型のテクスチャーブラックタンクコンソールを採用している。

このローライダーSをベースとし、フレームマウント型の新型フェアリングと着脱可能な大容量サドルバッグ(53.8L)を搭載し、ツーリングマシンに仕立てたのが新登場のローライダーSTだ。標準シャーシのモノショックよりもロングなショックユニットを採用しシート高は3/4インチ(約19mm)高くなったという。また、ショックストロークで1/2インチ、リヤホイールトラベルでは1インチ(25.4mm)伸長されている。これらにより、乗り心地の向上とバンク角の確保(1度以上大きくなった)を実現したという。

ローライダーSTの最大の特徴は、1980年代のハーレーがラインナップしていたFXRTをオマージュしたフェアリングを装着していることだろう。FXRTレプリカフェアリングは近年のカスタムでもトレンドになっていることから、ローライダーSTは現代のバガースタイルにネオクラシック要素をプラスしたツーリングモデルとして人気を博しそうだ。

FXLRST LOW RIDER ST|FXLRS LOW RIDER S

FXLRST LOW RIDER ST|FXLRS LOW RIDER S [写真タップで拡大]

参考動画: 1984 FXRT

HARLEY-DAVIDSON FXLRS LOW RIDER S[2022 model]

主要諸元■全長2365 軸距1615 シート高710(各mm) 車重308kg(装備)■空冷4ストロークV型2気筒OHV 1923cc 17.14kg-m/3500rpm 変速機6段 燃料タンク容量18.9L■タイヤサイズF=110/90B19 R=180/70B16 ●価格&色:ビビッドブラック=281万8200円、ガンシップグレー=286万3300円

HARLEY-DAVIDSON FXLRS LOW RIDER S[2022 model]

HARLEY-DAVIDSON FXLRS LOW RIDER S[2022 model] [写真タップで拡大]

HARLEY-DAVIDSON FXLRST LOW RIDER ST[2022 model]

主要諸元■全長2365 軸距1615 シート高720(各mm) 車重327kg(装備)■空冷4ストロークV型2気筒OHV 1923cc 17.14kg-m/3500rpm 変速機6段 燃料タンク容量18.9L■タイヤサイズF=110/90B19 R=180/70B16 ●価格&色:ビビッドブラック=310万5300円、ガンシップグレー=306万200円

HARLEY-DAVIDSON FXLRST LOW RIDER ST[2022 model]

HARLEY-DAVIDSON FXLRST LOW RIDER ST[2022 model] [写真タップで拡大]

グランドアメリカンツーリングは「ストリートグライドST」「ロードグライドST」の2車

グランドアメリカンツーリングに追加されたST×2車は、ミルウォーキーエイト114を搭載するストリートグライドスペシャル&ロードグライドスペシャルに対し、3500rpmで最大トルクを発揮する「ミルウォーキーエイト117」を搭載したファクトリーカスタム。各部のブラック仕上げなどにより、スポーティな外観が与えられている。

個別に見ると、バットウィングフェアリングが特徴の「ストリートグライドST」はエンジンや足まわりをブラックアウトし、コンパクトなフロントフェンダーを採用。また、標準長のサドルバッグをエクステンドバッグに変更している。スプリットストリームベントと薄型のダークウィンドシールドも
装備し、ツーリング時の快適性と安全性をより高めたモデルだ。

ロードグライドSTは、フレームマウントのフェアリング上部に薄型のダークウィンドシールドを備え、薄型のエンジンガードとタンクコンソールを組み合わせ、独自のシルエットを演出。。前方に露出したエアクリーナー エレメントを有するヘビー ブリーザー インテークが、パフォーマンス優先のスタイリングをさらに強調している。

ST series

ST series [写真タップで拡大]

ST series

ST series [写真タップで拡大]

HARLEY-DAVIDSON FLHXST STREET GLIDE ST[2022 model]

主要諸元■全長2400 軸距1625 シート高710(各mm) 車重369kg(装備)■空冷4ストロークV型2気筒OHV 1923cc 17.14kg-m/3500rpm 変速機6段 燃料タンク容量22.7L■タイヤサイズF=130/60B19 R=180/55B18 ●価格&色:ビビッドブラック=393万5800円、ガンシップグレー=398万6400円

HARLEY-DAVIDSON FLHXST STREET GLIDE ST[2022 model]

HARLEY-DAVIDSON FLHXST STREET GLIDE ST[2022 model] [写真タップで拡大]

HARLEY-DAVIDSON FLTRXST ROAD GLIDE ST[2022 model]

主要諸元■全長2405 軸距1625 シート高715(各mm) 車重382kg(装備)■空冷4ストロークV型2気筒OHV 1923cc 17.14kg-m/3500rpm 変速機6段 燃料タンク容量22.7L■タイヤサイズF=130/60B19 R=180/55B18 ●価格&色:ビビッドブラック=393万5800円、ガンシップグレー=398万6400円

HARLEY-DAVIDSON FLTRXST ROAD GLIDE ST[2022 model]

HARLEY-DAVIDSON FLTRXST ROAD GLIDE ST[2022 model] [写真タップで拡大]

【動画】Further, Faster. | 2022年ハーレーダビッドソンの新製品


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース