ねとらぼ交通課のYouTubeネタピックアップ

まさかのロータリーエンジン搭載! 新型バイク「クライトン CR700W」発表。生産数はわずか25台のみ[YouTube]

ねとらぼ交通課

新興バイクメーカー・クライトンモーターサイクル(Crighton Motorcycle)が、ロータリーエンジンを搭載した新型バイク「CR700W」を発表しました。

開発を手がける同社は、英国の老舗オートバイメーカー・ノートンモーターサイクルに勤めていたブライアン・クライトン氏が設立した新興メーカーで、そのフラッグシップとなるのがロータリーエンジンを搭載した「CR700W」です。

ロータリーエンジンは、シリンダーとピストンで構築された”気筒”ではなく、楕円形のスペースをおにぎり型のローターが回転することで、燃焼サイクルを実現した特殊なエンジン。日本では自動車メーカー・マツダの代名詞的な存在である「RX-7」などに搭載されたエンジンとして知られています。

CR700Wに搭載されるロータリーエンジンは2ローター型で、最高出力は223馬力。シャーシはアルミニウム合金製で、車両の乾燥重量も129.5キロと非常に軽量。重量のうちエンジンが占める重さは24キロで、6速トランスミッションなどのパワートレイン全体でもわずか43キロとのこと。

CR700Wは限定25台という少数生産で、価格は8万5000ポンド(約1298万円)です。

クライトンCR700Wに搭載するエンジン(画像はwebサイトより)

動画はこちら↓

※画像はすべてクライトンWEBサイトより。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。


関連する記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース