MV AGUSTA BRUTALE RR SCS×ライドハイ

ブルターレ800史上、最大の進化【MVアグスタ ブルターレ RR SCS インプレ vol.1】

MVアグスタの人気モデル「ブルターレ800RR」の2021年モデルが登場した。クラッチ操作の煩わしさから解放してくれる新システムが採用された他、電子デバイスも装備も大幅に刷新。かつてないビッグマイナーチェンジによって生まれ変わった。

●文:ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真:長谷川徹

SCS採用にとどまらず、エンジン内部もサスペンションも改良

MVアグスタのスポーツネイキッド「ブルターレ800」の登場は、2013年のことだ。以来、RRやROSSO、RC、RR LH44、RR PIRELLI、RR AMERICAといった派生モデルが追加されながら現在に至る。シリーズの中核を成しているのが「RR」の名を持つモデルで、その2021年モデルが上陸。「ブルターレ800RR SCS」(以下、ブルターレ)としてデリバリーが始まっている。

SCSとはスマートクラッチシステムの略称だ。2020年モデルの「ツーリズモベローチェ」と「ドラッグスター」に投入された自動遠心クラッチの一種で、このほどブルターレにも組み込まれることになった。

クラッチレバーの操作が不要になる機構ゆえ、生粋のスポーツ派は懐疑的な印象を抱くかもしれないが、それはまったくの誤解である。快適性とスポーツ性がミックスした新しい世界があることを先にお伝えしておく。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報