雑ネタ|モーサイ

スズキ&意外なプジョー!実は少ない同ブランド間「クルマ×バイク」コラボモデル

2輪、4輪の兼業メーカーはいくつかあるが、同じバッジをつけていてもなかなかクルマとバイクの繋がりをユーザーが感じられないというのも事実。だが、2輪が持つスポーティーなイメージを4輪に、4輪が培った研究データを2輪に使うといった手法が近頃見られるようなってきた。モーターショーで2輪、4輪が同じブースに置かれるのも今では当たり前に。タイヤの数に関係なく、ユーザーにブランドイメージを訴求している。

●編集:モーサイ編集部(上野茂岐) ●レポート:飯田康博 ●写真:飯田康博/プジョー・モトシクル/スズキ

スズキ スイフトはカタナやMotoGPマシンとコラボ

1920年3月鈴木式織機株式会社として始まったスズキは、1953年にパワーフリー号で2輪に、1955年にスズライトで4輪事業に進出。これに加え現在では船外機も手掛ける総合メーカーだ。

2020年に創業100周年を迎え、その記念すべき年にロードレース世界選手権MotoGPにおいてジョアン・ミル選手が駆るGSX-RRが年間チャンピオンを獲得したのも記憶に新しい。

そんなスズキは2017年の東京オートサロンで、前年(2016年)のMotoGPマシン「GSX-RR」と同じカラーリングの「スイフト レーサーRS」と、全日本モトクロスIA1クラスで小島庸平選手がゼッケン1を付けて戦った「RM-Z450WS」と同じカラーリングの「イグニス モトクロスエディション」を登場させている。

さらに、2020年の東京オートサロンでは復活したカタナのカラーリングを施した「スイフトスポーツ カタナエディション」も――。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報