〈連載〉岡崎静夏がじっくり乗ってみました!

岡崎静夏のホンダクロスカブ110試乗インプレ〈前編〉【遊び気分がアガるバイク】

  • 2020/8/24
岡崎静夏のホンダクロスカブ110試乗インプレ〈前編〉【遊び気分がアガるバイク】
岡崎静夏の’19ホンダ クロスカブ110試乗インプレ前編【遊び気分がアガるバイク】
[写真タップで拡大]

【岡崎静夏(おかざき・しずか)】チャーミングな笑顔でも中身はスパルタンな「バイクフリーク」。’09〜’10年、MFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。

【ホンダ クロスカブ110】実績あるスーパーカブと共通のフレームを使用しながら、アウトドアテイストの独自デザインを施し、オリジナル装備も盛りだくさんのクロスオーバーモデル。タフネスさはイメージだけではなく、実際に高い信頼性と低燃費を発揮するあたりは、さすがカブシリーズ。

岡崎静夏の’19ホンダ クロスカブ110試乗インプレ前編【遊び気分がアガるバイク】

【’19 HONDA CROSS CUB 110】主要諸元■全長1935 全幅795 全高1090 軸距1230 シート高784(各mm) 車重106kg ■水冷4スト単気筒OHC2バルブ109cc 最高出力8ps/7500rpm 最大トルク0.87kg-m/5500rpm 4段リターン 燃料タンク容量4.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●価格:34万1000円

これがカブ!? という意外性。遊びゴコロたっぷりの1台

新型コロナ禍、続きますね……。思うように練習もできませんが、くさっていても仕方ありません。「こんな時だからこそ、やれることをやろう」と、最近動画配信を始めました!

一番の狙いは、レースというものの存在を知ってもらうこと。存在を知らなければ、行ってみよう、見てみようとも思ってもらえませんからね。

特にバイクレースの場合は、ヘルメットをかぶって競技をするので、レース中は誰が誰だかよく分かりません。知らない人を応援することは難しいと思うので、まずは「ああ、こういうライダーもいるんだ」と、自分を知ってもらうことが大切だと思ってます。

自分で編集しているのでなかなか手強いんですが、それ以上に難しいのは専門用語の壁! 知らない方に丁寧に説明しようとすればするほど、どうしてもコアな話になってしまうので、どうやったら分かりやすくできるかいつも頭を悩ませています。

その点、クロスカブ110はやっぱりスゴイ! まず「カブ」の名が付いているだけで、バイクに詳しくない人にもイメージを持ってもらえます。こういう「取っかかりがある」ってことが本当に大事! バイクの世界を覗いてもらうきっかけとして、カブの名前は本当に偉大な存在です。

岡崎静夏の’19ホンダ クロスカブ110試乗インプレ前編【遊び気分がアガるバイク】

スリム&コンパクト、さらに軽量な車体と取り回しやすいアップライトなポジションで、扱いやすさ最高峰。幅広いスキルのライダーがさまざまなシチュエーションで楽しめる懐深いモデル。 [写真タップで拡大]

岡崎静夏の’19ホンダ クロスカブ110試乗インプレ前編【遊び気分がアガるバイク】

「とてもコンパクトな車格なのに、ポジションにゆとりがあり広々。くつろいで走れます。背の高い男性でも乗りやすいんじゃないかな。両足を着くとかかとが若干浮きますが、軽いから問題なし!」(岡崎さん) [写真タップで拡大]

【信頼と実績のスーパーカブシリーズ】クロスカブ110のベース、スーパーカブは’58年、昭和33年に登場した歴史あるシリーズだ。発売されるや、その利便性と信頼性の高さから瞬く間に社会に受け入れられ大ヒットに。ホンダが一躍大手メーカーとなる礎を築いた。’74年には世界生産累計1000万台、そして’17年には1億台に達し、今なお愛され続けている。

〈次のページは…〉岡崎静夏のクロスカブ110インプレッション
固定ページ:

1

2 3